[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151356
エンジニアにとっての“ゼニ勘定”とはなにか
~技術者が身につけるのはこれだけでよい~

開催日時・会場

2015年10月21日(水曜日) 09:30~11:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

R&D部門、生産部門など関連部門のエンジニアの方

講 師

株式会社ロゴ テクニカルエキスパート  上條 至朗氏 

プログラム

開催にあたって

   本セミナーでは、エンジニアにとっての”ゼニ勘定”とはなにかを解き明かします。
   エンジニアには、エンジニアとしてやるべきことがあります。エンジニアでなければできないこと、それは損益
   計算書や貸借対照表などにどう影響するかを知り、エンジニアとして賢く損得を勘定できるスキルを身につける
   ことです。決算書を経理担当者と同じように読めるようになるために時間を費やす必要はありません。
   エンジニアの”ゼニ勘定”を学びましょう。

プログラム

ゼニ勘定のできるエンジニアになるために

1.エンジニアが決算書を読むコツ
      (1)決算書とは
      (2)エンジニアはここだけ見ればよい
      (3)決算書は誰のため

2.これだけ知っていればゼニ勘定ができる
      (1)財務会計、管理会計と損得計算
      (2)割り勘計算と損得計算
      (3)注目するのは変化するおカネの流れだけ

3.グローバルで通用する原価観を持つ
      (1)原価は実体を映す影
      (2)自分のモノサシをもつ
      (3)ドルベースで観る

※プログラムの内容は、変更になる場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:5,400円(本体 5,000円)/一般:7,560円(本体 7,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )