[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151044
R&D担当者のための『事業開発手法』の基礎知識

開催日時・会場

2015年10月14日(水曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

・研究開発部門、新規事業部門、事業部企画部門などにおいて、事業開発の実務を担当される方
・事業開発の基本について体系的に習得されたい方

講 師

エヌ・コンサルタンツ 代表取締役  西村 健一氏

プログラム

1.イントロダクション -我が国のR&D部門の現状と課題-
      (1)イントロダクション
               ・我が国においてR&D部門は優位性を発揮できているか
               ・R&D活動に関する経営上の課題とは
               ・知的財産の状況

2.環境分析による事業開発分野の検討
      (1)外部環境分析から有望分野を策定する
               ・マクロ環境の変化:PEST分析
               ・ミクロ環境の変化:5Forces分析
               ・競争環境分析:3C分析、バリューチェーン分析
      (2)内部環境分析から進出可能分野を検討する
               ・事業ポートフォリオ分析:PPM、ビジネススクリーン
               ・競争要因分析:CVCC(カスタマー、バリュー、コア・コンピタンス)

3.事業コンセプト立案 1 -ターゲット選定と製品開発コンセプト立案
      (1)ターゲット市場選定
               ・STP(セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング)
               ・ターゲット市場調査の基本手法
      (2)新製品コンセプト立案
               ・製品開発の類型とそのポイント
               ・R&D担当者による顧客価値創造の意義
               ・差別化戦略のポイント
               ・顧客ニーズの探索と技術シーズの関係
               ・新製品開発の成功要因

4.事業コンセプト立案 2 -ビジネスモデルとビジネスシステム
      (1)ビジネスモデル構築
               ・ビジネスモデルとは何か
               ・主要ビジネスモデルに対する理解
               ・ビジネスモデルの設計とCVCCの具現化
      (2)ビジネスシステム構築
               ・バリューチェーンの検討とコア・コンピタンス
               ・経営機能への分化とKPIの設定
               ・ロードマップへの展開

5.マーケティング戦略検討
      (1)商品価値とは何か
               ・機能的ベネフィットと意味的ベネフィット
               ・意味的ベネフィットの創出ポイント
      (2)ターゲットへのアプローチ
               ・チャネル戦略の検討
               ・プロモーション戦略の検討

6.事業リスク要因の抽出と対応
      (1)外部環境前提の変化リスク把握(PEST、5Forces)
               ・マクロ環境前提の確認と対応策検討
               ・ミクロ環境前提の確認と対応策検討
      (2)事業構築ステップ上のリスク把握(STAR法)
               ・参入障壁と技術的優位性による収益可能期間の検討
               ・市場性(需要、成長可能性、継続性)の検討
               ・事業化コストの確認と収益性の検討
               ・内部環境に基づく事業化可能性の検討

受 講 料

会員:37,800円(本体 35,000円)/一般:41,040円(本体 38,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )