[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151461
アイデア提案制度を活用したR&Dテーマ発掘

開催日時・会場

2015年09月02日(水曜日) 13:30~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

研究開発、経営企画、新規事業のご担当の方

講 師

山下良一事務所 代表  山下 良一氏

プログラム

開催にあたって

   R&Dテーマの絶えざる発掘は企業成長には欠かせないものですが、テーマのクオリティが低かったりそもそものテーマ数を揃えることができないなどの課題があります。最も大きな問題点は、テーマを発掘すべき担当者がテーマ発掘を日常業務として捉えていなことです。
   そこで本セミナーでは、アイデア提案を日常業務化することで多様なアイデアが出しを可能にする「アイデア提案制度」の活用について解説をします。まず、問題点や課題、原因について整理を行い、アイデア提案制度の一般的な概要を説明します。さらに活用のポイントと、副次的な効果についても解説します。
   また、アイデア提案制度を導入したものの、一度きりのイベントとなってしまったり、成功事例を早い段階で生み出せず失速してしまうなどの失敗事例も紹介し、いかに回避するかのポイントについても考察します。

プログラム

1.一般的なR&Dテーマ・探索における課題、問題点
     (1)課題、問題点
              ・経営計画策定直前にアイデア出しを行うことによる時間的制限
              ・クオリティが低いことが分かっているのに行ってしまう投資
              ・投資テーマの最上流であるアイデアの選択肢が少ない。
              ・ステージゲートの前提は多産多死だが、まず多産ができない。

     (2)原因
              ・職務・役割の細分化による狭い視野
              ・目標管理制度の影響
              ・テーマ探索を日常業務化せず、集中作業に偏ってしまうことの弊害
              ・創造的業務について担当者が慣れていない

2.アイデア提案制度の概要と研究開発部門での活用
     (1)アイデア提案制度の概要と考え方
              ・アイデア提案制度の一般的な概要

     (2)アイデア提案制度のメリットと研究開発部門での活用のポイント
              ・アイデア提案の日常業務への組み入れ
              ・考える人(スキーマ)の多様性により、アイデアの多様化が可能
              ・日常業務から派生するアイデアにより、強い差別化要素のあるアイデア出しが可能
              ・多くのアイデアに触れることで、新しいアイデアを産みやすい環境の創出

     (3)副次的効果
              ・創造的業務・課題設定業務に興味のある人材の発掘、認識
              ・創造的業務に取り組むことのできる人材の育成と適材適所化
              ・創造的業務を重視する経営姿勢を広く伝える
              ・応募側と、受け付け側のネットワークの形成
              ・創造人材のリテンション
              ・組織活性化、風土改革への活用

3.事例から学ぶ制度設計・運用のポイント
     (1)アイデア提案制度の設計
              ・主な類型と変数

     (2)失敗事例からの教訓
              ・仕事の属人化
              ・制度の社内宣伝、プロモーションの重要性
              ・成功事例を早い段階で作りだすことの重要性
              ・準備段階の社員教育が制度的にない場合
              ・一度きりのイベントとなってしまうことの回避

     (3)制度設計・運用のポイント
              ・アイデア評価のポイント
              ・制度自体のPDCAを回すためのポイント

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

倉島(TEL 03-5215-3515 )