[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151424
次世代農業の取り組みと、企業の技術シーズを活用した先端モデル農畜産業の事例

開催日時・会場

2015年08月05日(水曜日) 14:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

研究開発、経営企画、事業部門などの方

講 師

有限会社横田農場 代表取締役 全国稲作経営者会議青年部 部会長     横田 修一氏
株式会社三菱ケミカルホールティングス 顧問
株式会社地球快適化インスティテュート アドバイザリーボード会議議長  田中 栄司氏
株式会社東芝 部品材料事業統括部事業推進センター 参事          高橋 健氏

プログラム

開催にあたって

   現在、国が進める成長戦略の柱のひとつに農業の生産性拡大があります。その鍵となるのが企業と農業者の連携といわれており、農業者の潜在ニーズをくみ取り、企業の技術シーズを活用して課題を解決することが重要だと考えられています。
   2014年から農林水産省による「農業界と経済界の連携による先端モデル農業確立実証プロジェクト」が進められており、本セミナーでは、プロジェクトに参加した企業の事例について2社の事例を解説します。
   また、農業の第一線で活躍し、企業との連携を含めたプロジェクトに携わる農業者の活動についても解説します。自社の技術シーズを農業展開する場合にどのような形で進めればよいかのポイントを探るセミナーです。

プログラム

1.「次世代農業者の取り組みと、技術シーズを活用した農業技術発展への期待」
        ・次世代農業者の取り組み、米を利用した事業展開
        ・乗用草刈り機の開発プロジェクトについて
        ・企業の技術シーズを活用した農業技術に、農業者が期待すること

                        講師:㈲横田農場 代表取締役
                                        全国稲作経営者会議 青年部 部会長 横田修一氏

2.「地球快適化インスティテュートの活動と、企業における農業界への進出」
        ・地球快適化インスティテュートの紹介
        ・節水農業に着目した太陽光型温室ビジネスの事業展開
        ・高分子凝集剤とハイブリッド型人工湿地を組み合わせを活用した
           家畜糞尿処理ビジネスへの取り組み展開

                        講師:㈱三菱ケミカルホールティングス 顧問
                                        ㈱地球快適化インスティテュート アドバイザリーボード会議議長 田中栄司氏

3.「養豚牧場電解機能水コンソーシアムの取り組み」
        ・養豚畜産事業の課題を解決する電解機能水への着目と展開
        ・電解機能水の農畜産分野へのさらなる活用

                        講師:㈱東芝 部品材料事業統括部 事業推進センター 参事 高橋健氏

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:5,400円(本体 5,000円)/一般:7,560円(本体 7,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

倉島(TEL 03-5215-3515)