[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151072
残業削減を成功させる「業務改善の進め方」

開催日時・会場

2015年09月11日(金曜日) 13:30~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

残業削減に関心のある方々

講 師

株式会社プロセス・ラボ  代表取締役  松浦 剛志氏

プログラム

開催にあたって

      残業時間の削減は古くからの問題ですが依然として妙薬もなく、人事部や現場のマネジャー、さらには本人に
   とっても頭の痛い問題ではないでしょうか。
      景気の低迷とワールドワイドに広がる競争環境の激化から、企業のコストにおいて無視しがたいポーションを
   占める残業代の削減は企業にとって死活問題であり、また働く側でもプライベートの予定調整やライフワーク・
   バランスの観点からも、残業時間の削減は重用テーマであります。
      本セミナーでは、残業の削減に対して「意識付け」というややもすると精神論的なアプローチではなく「業務
   改善」という技術的なアプローチで実現するための方策を解説していきます。
      また簡単な演習を通して、手を動かして頂くことで実践的な手法についての理解を深めていただきます。

プログラム

1. 「残業」を考える
      (1)残業削減は誰のためか?
      (2)アプローチから残業削減手法を考える
      (3)業務改善による残業削減とは?

2.業務改善とは何か?
      (1)業務とは何か?
      (2)改善とは何か?
      (3)なぜ、定義をするのか?

3.業務改善と企業業績の相関
      (1)売上増加への貢献か、費用削減への貢献か?
      (2)成功事例を考える
      (3)営業利益を倍にするためには・・・
      (4)経験曲線のウソ
      (5)残業削減の業績インパクト

4.業務改善の要点・・・「分ける」ことで時間を浪費しない
      (1)分析の基本、「分ける」を考える
      (2)言葉を分けて、残業削減する
      (3)手順を分けて、残業削減する

5.残業削減に成功する業務改善の進め方
      (1)業務改善の難所は「現状把握」
      (2)現状把握とは何か?
      (3)分けて計る・見ることで現状を把握する
      (4)分けて計るツール「業務(業績)管理指標」
               【演習1:データを分析してみる】
      (5)残業削減につなげるタイムシート(計る)
               【演習2:タイムシートに書き込んでみる】
      (6)分けて見るツール「業務フローチャート」
               【演習3:業務フローチャートを書いてみる(1)(2)】
      (7)残業削減パターンをプロセス上で発見する(見る)
               【演習4:業務フローチャートから具体策を考えてみる】

6.質疑応答

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )