[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151421
経営リスクの『見える化』の基礎とリスク管理・収益管理・内部監査での活用方法

開催日時・会場

2015年07月30日(木曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

監査部門、法務部門、総務部門、財務経理部門、企画部門など関連部門のご担当者

講 師

東京国際コンサルティング株式会社 代表取締役  小黒 直樹氏

プログラム

開催にあたって

      経営リスクを適切にマネジメントするためには、各種リスクの見える化によって、各種業務のどこにどのような
   リスクがどの程度存在するかを的確に把握することが必須となっています。
      本セミナーでは、リスクマネジメント手法の基礎を概観した上で、営業、生産、財務・経理、管理等の企業経営
   全般において発生するリスクをどのように「見える化」するか、そのポイントと具体的方法について定性的方法と
   定量的方法に分けて体系的に整理します。
      また、「見える化」したリスク量を経営管理、収益管理、内部監査等の実務で活用する方法を、具体例をもとに
   解説いたします。

プログラム

1.経営リスクのマネジメントの基礎
      (1)リスクマネジメントの目的
      (2)リスクマネジメントのフレームワーク
      (3)経営体力、リスク、収益の関連付けの基礎

2.定性的方法による経営リスクの「見える化」
      (1)定性的方法(リスクアセスメント)概観
      (2)リスクアセスメントの具体的手順
      (3)既存データ、社外データの活用方法
      (4)評価対象・評価基準の具体的設定方法と留意点
      (5)シナリオ分析の具体的方法と視点
      (6)定性的方法の限界と対策

3.定量的方法(統計的手法)による経営リスクの「見える化」
      (1)定量的方法(統計的手法)の基礎
      (2)統計学(確率分布)を活用した経営リスクの「見える化」
      (3)確率分布の基礎とリスクの計算方法
      (4)各種経営リスクの定量的な「見える化」の具体的方法
      (5)定量的方法の限界と対策

4.経営リスクの「見える化」と経営管理
      (1)リスク限度の設定と業務改善
      (2)重要リスク指標を用いた業務モニタリング
      (3)収益管理での活用方法(リスク・リターン管理の考え方)
      (4)リスク量をベースにした経営意思決定
      (5)リスクマネジメントと収益管理の統合

5.各種経営管理実務における活用事例
      (1)リスクアセスメントをベースにした全社的管理体系
                - 各部署の役割と危機管理、自主点検、内部監査の連携
      (2)限度設定によるグローバルなリスクマネジメント
      (3)リスク・リターンをベースにした経営管理指標と経営戦略

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )