[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151429
米司法当局との『司法取引』における交渉の留意点

  ※都合により開催中止となりました。

開催日時・会場

2015年07月23日(木曜日) 13:30~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

法務部門、監査部門等ご担当の方

講 師

西村あさひ法律事務所 パートナー/弁護士  渋谷 卓司氏

プログラム

★国際カルテル、FCPA違反等の嫌疑で、日本企業が米国司法省から「司法取引」を迫られた際の
      交渉前・交渉時の準備及び対応のポイントについて、「日本版司法取引」の動向にも触れつつ解説★

   1.日本企業が米国で刑事訴追されるリスク
         (1)主な企業犯罪(国際カルテル、FCPA(外国公務員贈賄)、など)
         (2)訴追リスクの要因
                  ・広範囲な管轄権設定
                  ・米司法当局による積極的な摘発姿勢
                  ・日本における法律の内容や解釈・運用との違い
         (3)外国人被告人の身柄引き渡し要求をめぐる動き

   2.米国の刑事手続きと司法取引制度の特徴
         (1)刑事手続きの概要
         (2)司法取引制度の特徴
                  ・適法(正式な)制度としての司法取引
                  ・誰のための制度か(自己負罪型と捜査・訴追協力型)
                  ・司法取引をする(せざるを得ない)事情
                  ・企業犯罪と司法取引

   3.米司法当局との司法取引における交渉の留意点
         (1)司法取引を行うことのメリット・デメリット
         (2)司法取引の交渉開始から終了までのイメージ
         (3)交渉開始のきっかけ
                  ・米国当局による捜査(どのようなことをどのように行うか)
                  ・自主申告
         (4)交渉前に行うべきこと
                  ・社内調査(手法と留意点)
                  ・米国法弁護士の起用と秘匿特権
         (5)交渉するか否かの見極め ~どこを判断のポイントとするか
         (6)交渉の際の基本姿勢
         (7)ビジネス取引における交渉との共通点と決定的な相違点
         (8)交渉を左右する諸要素・諸条件
         (9)最終決断に当たり考えるべきこと
         (10)司法取引による合意内容の具体例

   4.今後導入が見込まれる「日本版司法取引」の動向と企業に与えるインパクト
         (1)日本に司法取引が導入されることとなった経緯
         (2)立法スケジュール ~刑事訴訟法改正の動向
         (3)「日本版司法取引」の概要 ~「米国版司法取引」とはどこが違うのか
         (4)企業犯罪捜査に与える影響予測と企業側の対処 ~対象となる犯罪は何か

※講師とご同業の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

上島(TEL 03-5215-3516 )