[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151235
中国における『知的財産保護』の概要と最新情報

開催日時・会場

2015年07月15日(水曜日) 13:30~16:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

知的財産部門、法務部門などの関連部門において、中国における知的財産に関する実務を担当されている方

講 師

東京コンサルティンググループ 中国律師(弁護士)  呼和塔拉氏

プログラム

開催にあたって

      中国は「模倣品製造工場」といわれるほど、外国企業、外資企業にとって知的財産の保護が大きな課題となる
   国です。一方で中国は特許出願、商標登録の数が「世界一」となり、さらに年々増え続けています。
      そうした中、近年中国当局も知的財産保護に本腰を入れ、2014年には、「国家知的財産戦略実施の行動計画
   (2014~2020)」が制定、発表されています。
      さらに、今年3月に李克強総理が工商総局を視察した際に、模倣品等知的財産権侵害に対する取締を強化する
   よう指示しています。これらに伴い、さらなる法整備も進められています。
      本セミナーでは、このような中国における知的財産保護に関する基本ポイントを実例を挙げながら解説すると
   ともに、法改正等の最新情報を紹介いたします。

プログラム

1.中国知的財産権保護制度の概要
      (1)特許法の概要
      (2)商標法の概要
      (3)著作権法の概要
      (4)その他関連法規の概要

2.知的財産権の取得
      (1)特許権
      (2)実用新案権
      (3)意匠権
      (4)商標

3.知的財産権侵害の救済
      (1)行政救済ルートとその注意点
      (2)司法救済ルートとその注意点

※解説・資料はすべて日本語となります。

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )