[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151369
管理会計による経営管理のためのプロジェクト・マネジメント

開催日時・会場

2015年07月14日(火曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

・プロジェクト管理を担当される方
・経営企画部門、事業部企画部門、経理部門など関連部門のご担当者

講 師

株式会社アドライト 代表取締役 公認会計士 木村 忠昭氏

プログラム

開催にあたって

   アベノミクスにより経済環境が目まぐるしく変化する現在、企業は様々なリスクに対応した経営を展開して行く
ことが求められます。それは企業内における個別の事業プロジェクトに関するマネジメントでも同様であり、案件
毎に、定量的な会計数値をベースにした実践的な投資判断・モニタリング・リスク管理が不可欠となります。会計
数値に基づく定量的な意思決定を行うためには、財務諸表をベースにした財務会計ではなく意思決定に目的を特化
した「管理会計」ベースでの数値を活用することになります。
   そこで本セミナーでは、プロジェクト・マネジメントに関する様々な意思決定手法を「管理会計」という切り口
から取り上げ、投資の意思決定や各種判断等、プロジェクト・ベースで多種多様な意思決定や事業管理を定量的に
行うための管理会計手法について、数値例を用いたケース・スタディを用いながら紹介することにしました。
   具体的には、まずプロジェクト及びプロジェクト・マネジメントについて改めて概略を整理した後、財務会計と
管理会計のフレームワーク、予算実績比較、品質機能展開(QFD)、プロジェクトの収益性分析、意思決定のための
計数管理、管理会計手法といった内容について基本的な概要から実務でのポイントもふまえ、数値例も使いながら
分かりやすく解説を進めていきます。

プログラム

1.はじめに

2.プロジェクトとプロジェクト・マネジメン
      (1)プロジェクトとは何か

3.管理会計と財務会計
      (1)両者の相違点

4.プロジェクト別予算実績管理
      (1)プロジェクト別原価計算
      (2)予実比較のフレームワーク

5.品質機能展開(QFD)を応用した事業開発プロジェクト
      (1)品質機能展開とは
      (2)具体的手法と事例紹介

6.意思決定のための管理会計手法
      (1)プロジェクトの成功をどのように判断するか
      (2)固定費と変動費
      (3)損益分岐分析
      (4)管理可能費と管理不能費

7.投資の意思決定と収益性分析
      (1)プロジェクトごとの投資の意思決定とは
      (2)各手法のメリット・デメリットと実務への応用

8.プロジェクトや事業部ごとの意思決定について
      (1)よくある失敗例
      (2)数値を使った理解

9.おわりに

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )