[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151459
コーポレートガバナンス・コードの実務対策

開催日時・会場

2015年07月16日(木曜日) 13:30~16:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

法務・総務・監査・広報IR・経営企画部門にご所属されていて、
コーポレートガバナンス・コードの実践的な知識を習得されたい方

講 師

成和明哲法律事務所 弁護士 公認会計士  樋口 達氏

プログラム

開催にあたって

   本セミナーでは、既に実施・開示されている事例を参考にしながら、コーポレートガバナンス・コードへの対応について(役員の責任やグループ会社管理への影響などにも触れながら)特に実務的に問題となりそうな点を中心に、解説します。

プログラム

第1 コーポレートガバナンス・コードとは?
       1 コード策定の背景
      攻めのガバナンスとは? ⇒ 透明・公正 / 迅速・果断
       2 プリンシプルベース・アプローチ
       3 コンプライ・オア・エクスプレインとは?  実施しない場合の開示(エクスプレイン)

第2 コーポレートガバナンス・コード対応
       1 各コードの構成と内容 ~5つの基本原則、30の原則、38の補充原則~
       2 コーポレートガバナンス・コードが求める開示・説明
       3 上場規則の改正

第3 会社が取るべき対応
       1 コンプライするのか、エクスプレインするのか
       2 会社がコード対応を検討する際の視点
      ・株主関連コードに関する視点
      ・開示関連コードに関する視点 ~具体的な開示事例を参考に~
      ・取締役会の運営コードに関する視点
      ・株主との対話     など

第4 まとめ、質疑応答

受 講 料

会員:30,240円(本体 28,000円)/一般:32,400円(本体 30,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

鈴木(TEL 03-5215-3550 )