[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 140055
М&A戦略と実践力養成プログラム  第4回例会
ビジネス・デュー・デリジェンスの具体的な手法

   本コースの全体プログラムはこちら

開催日時・会場

2015年06月24日(水曜日) 13:30~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

経営企画、戦略スタッフなどМ&Aにご関心のある方

講 師

A.T.カーニー株式会社 プリンシパル  窪川 泰氏

プログラム

開催にあたって

   日本企業のМ&A件数はここ数年増加傾向にあり、成長戦略の一般的手法として浸透している感があります。中期
経営計画においてもМ&Aが言及されることも多くなり、重要性が急速に高まっています。その一方で、企業が胸を張って「成功」と言えるディール数はまだまだ少ないのが現状です。海外においては大規模な専門部隊を擁する企業もあり、そうした企業を競争相手にМ&Aを成功させるためには、М&Aの本質を理解し、戦略の立案と実行に臨むことが肝要です。
   第4回目の例会では、買収先の企業価値を見極めるうえで重要となるビジネスデューデリジェンスの具体的な手法について解説いたします。

プログラム

1)M&Aにおけるデュー・デリジェンスの重要性の再確認
      ・M&Aのパラドクスとデュー・デリジェンスの重要性
      ・M&Aを成功に導くビジネス・デュー・デリジェンスの4原則
            第1原則  投資目的を明確にしているか=何を検証するか明らかか
            第2原則  上記目的を達成するための、検証体制を構築しているか
            第3原則  “高値買い病”を避けようとしているか
            第4原則   投資 = “ 目標達成のスタート地点”を意識したDDになっているか

2)成功するデュー・デリジェリジェンスのアプローチ・手法の共有
      ・全体プロセスと“初動”の重要性
      ・デュー・デリジェンスの初動リスト
            基本ファクトブック/M&Aの戦略的ストーリー/Day1仮説(もしくは’Key questions’)
            データリクエストおよび質問表(ターゲット会社) /インタビューリクエスト(ターゲット会社)
            外部インタビューリスト/サーベイ(主に消費財の場合) /文献検索 /想定分析資料(モック)
            経済性計算ワークシートの骨組み/工程管理表/コミュニケーションリスト・外部巻き込み

3)Private Equityとそのデュー・デリジェンスについて学ぶ

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

倉島(TEL 03-5315-3515)