[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 150085
第13回 パテントマップ社内インストラクター養成プログラム〔講義&演習〕
―情報感性を磨き、特許情報の解析力とパテントマップ作成・活用スキルをマスター

開催日時・会場

セッション-1    2015年05月22日(金曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)
セッション-2    2015年06月04日(木曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)
セッション-3    2015年06月05日(金曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

知的財産管理部門、研究開発管理部門、新規事業部門、情報・調査部門等のスタッフ、マネジャー

講 師

日本アイアール株式会社 知的財産活用研究所 顧問
元 呉羽化学工業㈱〔現 ㈱クレハ〕知的財産部担当部長   隈元 光太郎氏

プログラム

開催にあたって

      本プログラムは、研究開発に欠かせない特許情報の活用、役に立つパテントマップの作成、技術情報の蓄積と
   継承を率先して実行できる人材を養成するためのプログラムです。
      特許情報(パテントマップ)は、意識的になされるのではなく仕事のなかでごく自然に行われている筈です。
   しかしながら、これを意識的に行うことが求められています。この「情報解析」という仕事を前面に押し出し、
   一つの独立したジャンルとして位置づけ実践論として組み立てたのが本プログラムです。
      パテントマップを研究開発に積極的に活用するスキルは、長年の経験と情報感性によって会得できるのですが
   このスキルを社内において研究者や現場の技術者に指導教育する環境を作り難いのが現状です。
      パテントマップの作成・活用を研究開発に従事する立場の方、また支援する知的財産部門の方々に、短期集中
   的に習得、実践いただく事が、より効率的かつ成果の上がる研究開発に繋がると確信し、本プログラムへの積極
   的なご参加をお薦めいたします。

プログラム

<パテントマップ社内インストラクター>とは
     
・研究開発に欠かせない特許情報の活用、特許調査、パテントマップ作成、社内外の技術情報の蓄積と継承等を
         社内で実践できる指導者。

※本プログラムを受講された方は次の業務をより効果的に実践するノウハウを習得できます。
         ○技術情報の効率的収集とその指導
         ○パテントマップ作成・活用とその指導
         ○発明創造と特許出願戦略
         ○侵害予防調査と権利マップの作成
         ○研究・開発テーマの探索
         ○技術情報の監視及び技術情報の蓄積と継承

◆第1セッション[講義] 2015年5月22日(金)10:00-17:00
     課題/研究開発に必要な情報収集と情報解析
          研究開発に必要な情報とは何か、発想資源としての情報の意味を考え、その収集方法、整理加工法、
          解析方法を習得します。次に発想資源の要である特許情報の特徴とパテントマップの考え方を理解
          いただきます。

                情報の意味を認識する/技術情報と研究開発/研究開発と特許出願/特許の情報としての
                活用 ~ 特許情報活用の10の場面を解説 ~/特許情報の特徴/ 情報解析の基本 ~ 情報
                解析のステップとプロセスを認識する ~/パテントマップとは/機能からみたパテント
                マップの種類/特許の統計処理とパテントマップ/パテントマップ作成のステップと流れ
                主題分析と切り口/切り口の見つけ方と切り口項目の選定/特許情報の収集 ~ 効率的な
                検索テクニック ~/情報の選択と仕分け/収集/情報の 整理加工の工夫

◆第2セッション [講義と個人演習] 2015年6月4日(木)10:00-17:00
     課題/特許解析のプロセスの理解と情報感性向上のために
          パテントマップの意味と特許情報解析の手順を理解し、目的に沿ったパテントマップ作成のポインと
          研究開発に役立てる場面を創造し情報感性を磨くための学習。

                思考プロセスと作業プロセスとは/結論を導き出すための予測能力/目的意識の明確化
                (マップ作成の動機)~命題型と提案型~/テーマ探索・ニーズ探索の着眼方法/
                戦略マップの作り方と活用法 ~ 技術情報の蓄積と継承を考える~/事例でみる
                情報解析とパテントマップ/
切り口設定と切り口項目の選定の演習(個人演習)

◆第3セッション[講義とグループ演習]  2015年6月5日(金)10:00-17:00
     課題/パテントマップ作成のグループ演習
          第1・第2セッションで習得した内容を総合的に把握するため、演習による体験学習を行います。

                1.グループ演習 2.グループ別発表 3.講師講評と質疑応答 <修了証交付>

※当日、サブテキストとして『最新 特許情報解析マニュアル』317頁 講師著(社)企業研究会 刊を配布します。

受 講 料

会員:86,400円(本体 80,000円)/一般:91,800円(本体 85,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

居代(TEL 03-5215-3516 )