[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151232
中国労働法の概要とトラブル事例に学ぶ『労務リスク管理』の基本ポイント

開催日時・会場

2015年05月20日(水曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

人事部門、法務・総務部門、海外事業管理部門などの関連部門のご担当者

講 師

東京コンサルティンググループ 中国律師(弁護士)  呼和塔拉氏

プログラム

開催にあたって

         本セミナーでは、中国の労働法について中国の法律に精通した弁護士の観点から、中国で事業を行い、
      中国で従業員を雇用する際のポイント、留意点、トラブル事例、対処法について解説します。
         また、最近の法改正情報についても解説いたします。

プログラム

1.知っておきたい中国労働法
      (1)労働法の概要
      (2)中国労働条件一覧
      (3)雇用契約書/就業規則
      (4)雇用形態(試用期間、有期雇用契約、派遣契約)
      (5)雇用形態(短時間労働、派遣労働者)
      (6)契約の解除、解雇
      (7)経済補償金
      (8)労働紛争解決のプロセス

2.知っておきたい法改正
      (1)中国労働契約法改正(2013年7月1日施行)
      (2)労務派遣暫定規定(2013年3月1日実施)

3.知っておきたい労務トラブル事例
      (1)派遣従業員雇用時のトラブル事例
      (2)中国国内で外国籍従業員採用時のトラブル事例
      (3)書面での労働契約締結遅延におけるトラブル事例
      (4)労働契約延長におけるトラブル事例
      (5)減給におけるトラブル事例
      (6)集団契約と個別契約におけるトラブル事例
      (7)残業代の支払いにおけるトラブル事例
      (8)企業秘密の漏えいおけるトラブル事例

※解説・資料はすべて日本語となります。

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )