[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151196
改正会社法とコーポレートガバナンス・コードが企業に求める対応

開催日時・会場

2015年04月02日(木曜日) 13:30~16:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

経営企画部門、法務部門、総務部門、監査部門など関連部門のご担当者

講 師

KPMGコンサルティング株式会社 ディレクター  林 拓矢氏

プログラム

1.日本企業のコーポレートガバナンス改革の全体像
      (1)日本再興戦略
      (2)会社法改正
      (3)日本版スチュワードシップ・コード
      (4)伊藤レポート
      (5)JPX400
      (6)コーポレートガバナンス・コード

2.改正会社法におけるコーポレートガバナンス関連の論点
      (1)社外取締役の選任に関する規律
      (2)監査等委員会設置会社制度
      (3)社外性要件
      (4)その他

3.コーポレートガバナンス・コードへの対応
      (1)コーポレートガバナンス・コードとは何か
                  1)ソフトローとしての位置づけ
                  2)プリンシプルベース、コンプライ・オア・エクスプレイン
                  3)5つの基本原則
      (2)コーポレートガバナンス・コードへの対応の考え方
      (3)コーポレートガバナンス・コードの内容と主要な論点
                  1)開示関連
                  2)取締役会改革
                  3)株主との対話
                  4)リスク管理の高度化

※内容は最新情報を踏まえて変更する可能性があります。
※コンサルティング業、士業の方など講師とご同業の方のご参加はお断りする場合がございます。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )