[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151099
不正リスク・不祥事の実務対応 ~会計不正を中心に~

 ※都合により開催中止となりました。

開催日時・会場

2015年04月21日(火曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

監査役、経営をサポートする監査・法務・経理部門の方々

講 師

成和明哲法律事務所 弁護士 公認会計士  樋口 達氏

プログラム

開催にあたって

      企業で発生する不正・不祥事(特に会計に関連したケース)は毎年のように紹介され、時には大きく報道される
   こともあります。特に上場企業の場合、多数の利害関係者が存在することから、このような不正や不祥事に対する
   対応を誤ると、その後の会社の存続にまで深刻な影響を与えることもあります。
      そこで、今回のセミナーではいくつかの具体的な事例を交えながら、現行法上不正や不祥事が会社関係者にどの
   ような責任を発生させるのか、また、どのような義務があるのかを解説した上で、そこから導かれる実務的対応の
   ポイントについて解説します。
      具体的には、不正リスク・不祥事の端緒を発見した有事の場合の具体的な対応方法について検討する他、平時に
   おいては、不正リスク・不祥事を予防・早期発見するための仕組みづくり(内部統制システム構築)についても、
   あわせて解説します。

 プログラム

1.そもそも会計不正・不祥事とは?
      (1)会計不正・不祥事の発覚が増加している
      (2)訴訟提起が増加傾向

2.外部環境の変化~最近のトピックス

3.開示制度と会社・役員の責任の整理

4.取締役・監査役の実務対応

      (1) 会計監査への対応
      (2)内部統制システム構築義務
      (3)社外取締役の活用等

5.不正・不祥事が発覚した場合の対応
      (1) 発覚する理由
      (2)初動対応
      (3)事実関係について調査のポイント等
               具体的事例の検討

6.不正を予防・早期発見のための体制づくり
      (1)なぜ不正が起こるのか‐不正のトライアングル
      (2)内部統制システムの構築
      (3)内部通報制度
               具体的事例の検討

7.まとめ、質疑応答

※ 上記内容は、若干変更することがあります。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

鈴木(TEL 03-5215-3550)