[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 141835
“海外独禁法”(競争法)の徹底比較と対策

開催日時・会場

2015年03月17日(火曜日) 13:00~16:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

法務部門、総務部門、監査部門、海外事業部門など関連部門のご担当者

講 師

三宅・山崎法律事務所 パートナー 弁護士・国際化支援アドバイザー  中山 達樹氏

プログラム

開催にあたって

   近時、各国の独禁法(競争法)の執行強化により日本企業が数百億円の課徴金を課される等、国内外で摘発される事例が増加しています。また、成長著しいアジア各国においても、独禁(競争)法制の強化が進んでいます。
   本セミナーではこうした状況を受け、各国(海外主要11カ国・地域)の独禁(競争)法の特徴を比較した上で、それぞれに有効な対応策を検討し、さらには企業としての態勢・コンプライアンスのあり方、海外子会社管理のあり方について考えます。

プログラム

1.海外独禁法(競争法)についての総論解説
      (1)競争法の世界的潮流
                  ・アジア・日本における競争法の背景
                  ・最近の主な執行強化の背景と執行事例など
      (2)域外適用等の国際的司法連携
      (3)海外競争法の3本柱とは?
      (4)カルテルに対する制裁の各国比較
      (5)リニエンシー(課徴金減免)の各国比較

2.海外主要11カ国・地域の独禁法(競争法)の徹底比較
      (1)米国(反トラスト法)、EU競争法、日本独禁法
                  - それぞれの特徴と最近の執行状況の比較
      (2)アジア各国の独禁法(競争法)
                  - それぞれの特徴と最近の執行状況の比較
                        ・タイ
                        ・インドネシア
                        ・ベトナム
                        ・シンガポール
                        ・中国
                        ・インド
                        ・マレーシア
                        ・フィリピン
      (3)11カ国・地域の比較に基づくリスク分析
                  ― どの国のどの分野にリスクが高いのか?

3.海外独禁法(競争法)の対策
      (1)海外競争法違反の甚大な影響
      (2)リスク評価マトリックスに基づくリスク分析
      (3)日本企業が特に気をつけるべき注意点
      (4)あるべき海外子会社管理方法
      (5)海外競争法コンプライアンスの特殊性
      (6)フォレンジック調査対策
      (7)企業風土改革に向けて     

 受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )