[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 141743
寄附金課税を回避するための移転価格ポリシーの構築

開催日時・会場

2015年03月20日(金曜日) 14:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

税務部門、経理財務部門など関連部門のご担当者

講 師

ノベル国際コンサルティング パートナー
信成国際税理士事務所 代表税理士    高木 慎一氏

プログラム

開催にあたって

   日本の税務当局の担当者が「移転価格上の税務コンプライアンス」として推奨しているように、納税者は移転価格ポリシーを構築し自ら移転価格を管理することにより、日本だけでなく新興国における移転価格リスクを低減させることが可能となります。
   本セミナーでは、移転価格ポリシーの基礎知識から、移転価格ポリシーを構築する際の実務上のポイントについて解説します。

プログラム

1.はじめに
      (1)更正所得金額・更正件数の推移
      (2)移転価格課税事例
      (3)移転価格課税の近年の傾向
      (4)移転価格上の税務コンプライアンス

2.移転価格ポリシーとは

3.移転価格ポリシーの基礎
      (1)目標利益率の設定
      (2)事実分析・機能リスク分析
      (3)適切な移転価格算定方法の選定
      (4)独立企業間価格の算出

4.移転価格ポリシーの実務
      (1)棚卸資産取引
                1)事実分析・機能リスク分析
                2)適切な移転価格算定方法の選定
                3)独立企業間価格の算出
      (2)ロイヤルティ取引
                1)事実分析・機能リスク分析
                2)適切な移転価格算定方法の選定
                3)独立企業間価格の算出
      (3)役務提供取引
                1)事実分析・機能リスク分析
                2)経済的又は商業的価値の有無の判定
                3)適切な移転価格算定方法の選定
                4)独立企業間価格の算出
      (4)金銭貸借取引
                1)事実分析・機能リスク分析
                2)適切な移転価格算定方法の選定
                3)独立企業間価格の算出

5.事例
      (1)役務提供ポリシーの構築
      (2)グローバル移転価格ポリシーの構築

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )