[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 141823
目標管理制度(MBO)を成功させる戦略的KPI(業績・プロセス)の設定実務

開催日時・会場

2015年03月02日(月曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

・ 人事部門、経営企画部門、経理部門など関連部門のご担当者
・ 管理職の方

講 師

株式会社プロセス・ラボ 代表取締役  松浦  剛志氏

プログラム

開催にあたって

   戦略遂行のためのマネジメントツール・業績評価のための測定ツールとして、目標管理制度(MBO)は多くの
企業でデファクトとなっています。しかし、目標管理制度は決して運用が簡単な手法ではありません。
   この手法において、(1)上位組織の指針を下位組織に展開する(戦略展開)(2)定量的に業績・プロセスを
計る(指標化)の2点を上手に実践することが不可欠であり、同時に手法としての難所でもあります。
   しかし、この難所を克服し目的に沿った運用に近づけるために、一般的に会社でフォーマットとしてわたされる
目標設定シートに一足飛びに記載する方法はお勧めできません。戦略展開のためには、事業としての位置づけから
スタートし、戦略連鎖を整理する必要があります。
   さらに、指標化においてはルーチン(オペレーショナル)業務と企画・プロジェクト業務の全域のカバレッジの
確認とバランスの取れた指標化が必要です。これらの思考プロセスをサブシートの記載を通して整理し、最終的な
目標を目標設定シートに転記することで、説明可能で納得性の高い目標設定ができるようになります。
   ワークショップに参加される皆様の実際の業務目標を、戦略と業務プロセスのコンサルタントとして活躍する
松浦剛志氏がファシリテーションを通して完成へと導きます。

プログラム

1.事業ポートフォリオの整理
      ・事業の切り出し(事業単位の意義とその理解)
      ・事業拡大軸と資金バランス軸で自事業をプロットする
            (複数事業の共通ファンクション従事者は複数実施)
            (間接部門従事者は別課題)

2.事業の戦略コンセプトの整理
      ・誰に、何を、どのように提供するのか?
      ・競争優位の視点から特徴をまとめる
            (間接部門は社内顧客に対してまとめる)

3.部・課(ファンクション)のミッション整理
      ・バリューチェーンによる全体像の把握
            (間接部門はファンクションをさらに細分化する)
      ・自部門、自課のミッションを戦略コンセプトから整理

4.目標を設定する
      (1)ミッションをアウトカムとアウトプットの因果関係により整理
      (2)アウトカムとアウトプットの指標化(KPI設定)
      (3)アウトプットの業務時間カバレッジを確認し、漏れを防ぐ
      (4)アウトプットをコントロールする戦略・手段の立案とコントロール指標の設定
      (5)And/Orの関係から戦略重要ポイントの可視化
      (6)目標設定シートへの転記
            (結果重視/プロセス重視の会社による記載ポイントの違い)
            (業績評価(査定)ツールとしての利用度合いと留意点)
            (能力開発・部下育成の考え方)
            (チャレンジ目標の考え方)
            (部下へのブレークダウン手法)

※時間の制約上、(3)以降は解説+Q&Aにて進めます。
※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

 受 講 料

会員:39,960円(本体 37,000円)/一般:44,280円(本体 41,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )