[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 141761
企業活動リスクの経営に与えるインパクト
~内部統制、事業継続、情報セキュリティなどのリスクマネジメントによる経営基盤の強化~

開催日時・会場

2015年03月03日(火曜日) 13:30~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

監査・総務・システム部門他

講 師

ネクストコンサルティング株式会社 代表取締役  畠中 一浩氏

プログラム

開催主旨

         近年、社会や個人の生活/活動は企業が生産する商品、サービスの提供を前提として行われています。
      各企業は、企業を取り巻くステークホルダー(顧客、投資家、取引先、従業員等)から、社会的責任
      (Corporate Social Responsibility:CSR)を果たすことが求められています。
         一方、企業側でも事業活動の複雑化と脅威の増加により、事業活動の維持に対しての脆弱性(企業
      リスク)が増加しています。企業リスクとして、従来の災害・事故に加えて、近年は情報システムの
      進展に伴うIT事故(不正アクセス、情報漏えい等)の発生、社員による犯行、国際的な事件・事故の
      増加等が挙げられます。
         CSRの履行とリスクマネジメントによる経営基盤強化のためには、これまで取り組んできた内部統
      制や事業継続、情報セキュリティ強化等のノウハウを積極的に活用し、企業の事業活動が社内外に与
      える影響を整理し、「いざ」という場合に備えた適切な対応が必要です。
         企業リスク対応に関するお悩みや疑問等の解消の場として、さらには課題解決の場として、本セミ
      ナーをご活用いただければ幸いです。

 プログラム

1.本セミナーの背景と目的

2.企業リスクの経営に与えるインパクト
      (1)企業を取り巻くリスクと影響
      (2)企業リスク対策への取り組み
      (3)企業リスク対策ポリシー
      (4)企業リスク運用体制

3.内部統制を実現するために取り組むべきポイント
      (1)財務会計/経営管理視点から見た問題
      (2)内部統制視点上の海外ローカルの問題
      (3)海外・・・中国子会社の内部統制を実現するために取り組むべきポイント
      (4)内部統制の進め方

4.情報システムセキュリティへの取り組み
      (1)情報セキュリティ対策と体制
      (2)情報セキュリティのカテゴリー
      (3)情報セキュリティのAIC
      (4)情報セキュリティのポリシ-
      (5)システム監査のポイントと進め方

5.事業継続計画(BCP)と事業継続管理(BCM)
      (1)BCP、BCMの基本的な考え方
      (2)BCP、BCMの構成要素
      (3)BCP、BCMの方針策定
      (4)BCP、BCMの取り組み手順

※同業他社の方のお申し込みにつきましては、お受け致しかねる場合がございますので、ご了承下さい。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

村野(TEL 03-5215-3550 )