[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 140183
新設<グローバルビジネス法務対応・実践コース第6回例会との合同開催>
NTTドコモにおける個人情報・著作権問題での法務対応
~同社の法務部長のご講演から、グループ及び全体討議で学ぶ~

    ※本コースの全体プログラムはこちら

開催日時・会場

2015年02月20日(金曜日) 13:30~17:45
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

おもに法務部、情報システム部門、知的財産部門、並びに海外事業部門等マネージャークラスの皆様

講 師

NTTドコモ株式会社 法務部長  中村 豊氏

プログラム

開催にあたって

   日本企業のグローバル化の流れが急速に進んでいる昨今、当講座では、グローバルな法務・知財管理向上に取組まれるマネージャークラス、及びスタッフの方々が業種を超えて集まり、諸外国の法・知財管理制度を研究すると共に本社主導によるグローバルリーガルリスクコントロールへの対応など、グローバルビジネスの課題を中心に、研究を行います。

プログラム

◆13:30-15:00
   NTTドコモにおける個人情報・著作権問題での法務対応

      【“IT・クラウド時代”での最優先課題への善後策】
         ~同社の法務部長のご講演から、グループディスカッション及び全体討議で学ぶ~

      1.IT技術と法務の関係性
      2.ビックデータと個人情報
      3.個人情報保護制度の国際問題と今後
      4.クラウド上のイノベーションと著作権
      5.クラウドビジネスと準拠法
      6.オープンイノベーションと特許権
      7.IT時代の企業法務の役割

■NTTドコモから学ぶ:研究のポイント
     
法制度は、本来ビジネスの進展に合わせて変化発展していくべきものであるが、近時のIT技術の急激な発展に
   より、ITビジネスの実態と法制度の乖離関係はますます広がる一方である。
      本講演では、今のITビジネスの最前線で問題になっている具体的事例を挙げながら、そのような乖離関係に企
   業法務としてどのように取り組むべきなのかを一緒に考えていきたい。

◆15:15~16:30  グループ討議
◆16:30~17:00  全体討議
     コーディネーター
          J&Cドリーム・アソシエイツ代表(前 伊藤ハム㈱法務部長) 大澤  頼人氏
     討議司会者
          YKK株式会社    法務・コンプライアンスグループ長   佐々木 毅尚氏
          株式会社岡村製作所 管理本部総務部長           佐藤  喜一氏

◆17:05~17:45  懇親会

受 講 料

会員:35,640円(本体 33,000円)/一般:38,880円(本体 36,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

福山(TEL  03-5215-3513)