[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 141679
企業価値創造に向けた開示と対話を加速する
『統合報告の作成・活用の実務』
~日本版スチュワードシップ・コードと日本版コーポレートガバナンス・コード対応を踏まえて~

開催日時・会場

2015年01月30日(金曜日) 13:30~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

企画・広報・IR・経理部門他

講 師

あらた監査法人 総合金融サービス推進本部兼あらた基礎研究所 顧問  安井 肇氏(やすい はじめ)
あらた監査法人 リスク・アシュアランス ディレクター        久禮 由敬氏 (くれ よしゆき)
あらた監査法人 財務報告アドバイザリー部 マネージャー       三代 英敏氏 (みしろ ひでとし)

プログラム

<13:30-14:30>
「企業価値創造に向けた開示と対話の動向 ~2014年の振り返りと2015年の展望~」
               あらた監査法人 総合金融サービス推進本部兼あらた基礎研究所 顧問 安井 肇氏

     1.海外リスクマネーを引き寄せるために ~日本再興戦略と稼ぐ力~
     2.資本市場の規制・監督にかかわる潮流の変化
     3.日本版スチュワードシップ・コードと日本版コーポレートガバナンス・コード、そして会社法改正
     4.ウーマノミクスとダイバーシティ開示

<14:40-15:40>
「統合報告をめぐる国内外の動向」
                            あらた監査法人 財務報告アドバイザリー部 マネージャー 三代 英敏氏

     1.国内外における統合報告をめぐる動向 ~IIRCそしてCRD~
     2.パイロットプログラムの振り返りと学ぶべき教訓
     3.国内の好事例のポイント
     4.海外の好事例のポイント
     5.統合報告の読み手は何を期待しているか?

<15:50-16:50>
「統合報告を活用した投資家との対話と持続的価値創造の実現」
                               あらた監査法人 リスク・アシュアランス ディレクター 久禮 由敬氏

     1.初回作成にどう向き合うか? ~統合報告作成の5つの壁とその乗り越え方~
     2.日本企業にとっての実務的な挑戦テーマ
               ~中長期戦略、コーポレートガバナンスとリスク管理、KPI、そして業績評価~
     3.統合報告を活用するベネフィットを最大化するために
               ~統合報告を用いた持続的な対話の継続~

<16:50-17:00>
     質疑応答

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

村野(TEL 03-5215-3550 )