[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 141593
主催:(社)企業研究会 / 協力:TAC(株)
≪大阪会場≫企業経営における『リスクマネジメント応用講座』
~オンラインライブ中継による東京・名古屋・大阪同時開催~

開催日時・会場

2015年01月16日(金曜日) 10:00~17:00
TAC梅田校(大阪:梅田センタービル5F)

受講対象

リスクマネジメント部門、監査部門、法務部門、企画部門、経理財務部門などの関連部門において、
リスクマネジメントの実務を担当される方

講 師

KPMGコンサルティング株式会社 マネージャー  木村 みさ氏

プログラム

オンラインLIVEセミナーとは
       当セミナーは、講師が来場する東京会場をメイン会場として、その模様を名古屋会場・大阪会場に
       中継致します(名古屋会場・大阪会場への講師の来場はありません)。
       中継についてはTV製作会社である(株)東通が担当し、双方向コミュニケーションにより、名古屋
       会場・大阪会場からの質疑応答も可能です。

開催にあたって

   財務報告に係る内部統制の報告・監査制度が導入され、リスクマネジメントをはじめとした内部統制システムと、上場企業は否応なく向き合わなければなりません。ただし、本来、リスクマネジメントを含む内部統制とは、法規制対応の観点から確立されるべきものではなく、企業の経営管理そのものをいかに高度化させるべきかという観点から確立・高度化されるべきものです。
   しかしながら、実際には法規制を契機にリスクマネジメントやコンプライアンス体制などに関する活動がはじまり経営管理の活動とは別枠のものとして捉えられがちです。
   そこで、本セミナーでは厳しいビジネス環境における競争力の向上のために、あらためて経営管理の高度化や経営目標の実現を目的としたリスクマネジメントのあり方や経営管理と一体化した全社的リスク管理のあり方について、事例を踏まえつつ考えていきます。
   また、財務報告に係る内部統制の報告・監査制度の導入後における内部統制の活動のあり方や海外グループ管理におけるリスクマネジメントなどについても考えていきます。  

プログラム

1.はじめに

2.リスクマネジメントの取組みの現状・課題
      (1)リスクマネジメントの取組みの現状
      (2)取組み状況から導出される課題

3.全社的リスク管理プロセス毎の課題解決のポイント
      (1)リスク把握
                 ~自社実態に合わせたリスク把握の実施
      (2)リスク評価     
                 ~納得感を向上させるリスク評価の実施
      (3)リスク対応体制
                 ~リスク低減を意識したリスク対応の実施
      (4)モニタリング体制
                 ~目的を明確にしたモニタリングの実施
      (5)一貫性あるリスクマネジメントPDCAの確立
                 ~自社実態に合わせたリスクマネジメントPDCAの推進
      (6)危機管理・事業継続体制の高度化
                 ~危機管理・事業継続体制における実効性の確保

4.より意義のあるリスクマネジメントを推進するためのポイント
      (1)リスクマネジメント手法の定着
                 ~現場でのリスクマネジメントの理解度向上
      (2)リスク管理向上のための仕掛けづくり
                 ~従業員一人ひとりがリスク感度を向上させるための取組み
      (3)リスクを広く捉え、事業リスク対応に活かすための仕掛けづくり
                  ~事業リスクをより早く検知し、対応するための取組み

5.企業のグローバル化とリスクマネジメント体制の在り方
      (1)海外事業リスク管理の現状
      (2)海外事業リスク管理の強化のポイント

6.まとめ

7.質疑応答

※プログラム内容に若干の変更がある場合もございます。
※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

ご案内

※大阪会場のご昼食につきましては、ご参加者の皆様が各自、セミナー会場近隣の飲食店にて
   お召し上がり頂く形となります。
※セミナー中映像及び音声のトラブルがあった場合は、 下記の通り対応をさせて頂きますので、
   ご了承の上、
お申込をいただけるようにお願い申し上げます。
         ・映像など切断した場合、再接続してから講義を再開致します。
         ・接続が回復できない場合、もしくは音声が途切れるなど 配信品質が著しく低下した場合、
            受講料を返金させていただきます。

受 講 料

会員:39,960円(本体 37,000円)/一般:44,280円(本体 41,000円)    ※昼食代は含みません

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514)