[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 140188
経営を支える内部監査の8つの重点課題とその対応策 第4回 (全8回)
内部監査報告書の改善提案をレベルアップさせる

  ※本コースの全体プログラムはこちら

開催日時・会場

2015年03月10日(火曜日) 14:00~17:00
日本出版クラブ会館(東京・飯田橋)

受講対象

内部監査部門、内部統制部門、監査役室、リスクマネジメント担当部門他の部門長、マネジャーの方々

講 師

公認会計士・公認内部監査人  藤井 範彰氏 

プログラム

■講義 内部監査報告書の改善提案をレベルアップさせる <14:00-16:00>

   内部監査の価値を決定付けるのは、監査報告書に提示される発見事項と改善提案と言っても良いでしょう。
ところが、この改善提案をどのように策定するか、どういう視点でレベルアップしたらよいか、という最も
大事な実務についての指針やガイドラインは驚くほど少なく、参考になるものはほとんどありません。
   また、改善提案の中でも、客観的に捉えやすい業務プロセスに関する提案に比べて、経営管理を扱う経営
監査の改善提案はより難しい判断を要する面があり失敗例も少なくありません。
   今回は、内部監査報告書の決め手となる発見事項と改善提案について、何をベースにどのような観点から
切り出すか、内部統制中心の業務監査と経営領域を扱う経営監査とでどのような違いがあるのかなどを検討
します。
   また、ケーススタディとして実務で陥りやすい悪い提案文を例示して、何が問題となるか、それをレベル
アップさせる視点は何かを、具体的に提示します。

      1.アシュアランス型内部監査報告書の構成と指摘事項・改善提案の位置づけ
      2.業務プロセス監査における改善提案の切り出し方
      3.経営監査における改善提案の着眼点
      4.改善提案のケーススタディ(良い例、悪い例、どこをどう直せばよいか)

■講義をべースとしたディスカッション <16:00-17:00>
          ~参加各社の対応事例や現状の問題意識をシェアする中から課題解決のノウハウ、ヒントを探り
               実践に繋げていただきます~

 受 講 料

会員:28,080円(本体 26,000円)/一般:31,320円(本体 29,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

居代(TEL 03-5215-3516 )