[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 141394
『地域統括会社』の活用方法入門

開催日時・会場

2015年01月13日(火曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

経営企画部門、経理財務部門、人事部門、海外事業部門などの関連部門において地域統括会社の設立、運用の実務に携わる方

講 師

東京コンサルティンググループ  岩城 徳朗氏

プログラム

開催にあたって

   グローバル化が進展するなか、各国・地域のグループ企業および拠点間のネットワークを効率的に管理し、業務の最適化を図るために、地域統括会社を設立することが多くなっています。また平成22年度税制改正により、タックスヘイブン税制における地域統括会社の適用除外基準が大幅に緩和され、これにより、地域統括会社を活用したタックスマネジメントが可能となりました。このような点から、アジア地域ではシンガポールや香港などにマネジメント機能を移管する企業が急速に増えています。
   本セミナーでは税制、資金調達、マネジメントの効率化など、様々な観点から地域統括会社の活用方法を検討していきます。

プログラム

1.投資環境
      (1)低迷する日本/成長するアジア市場
                ・日本企業のアジア戦略
                ・地域統括会社の設置目的と課題
                ・地域統括機能
      (2)シンガポールの地域統括優遇制度
      (3)タイの地域統括優遇制度
      (4)香港の地域統括会社
      (5)会社設立の手続
      (6)税制上のメリットを活かす地域統括会社の活用方法
                ・地域統括会社を活用した利益集積方法
      (7)本社の海外移転スキーム

2.地域統括会社に関わる『税務』
      (1)地域統括会社の税務リスク
      (2)移転価格税制
      (3)移転価格税制の特徴
      (4)タックスヘイブン税制

3.地域統括会社に関わる『労務』
      (1)各国の労働法と労務管理
                ・海外出向者にかかる契約関係
                ・海外進出におけるステップ別の問題および対策
                ・各国の労働基準の特徴(シンガポール、香港、タイ)
                ・人事労務にかかる地域統括会社の機能
                ・シンガポールでの人材育成事例
                ・各国の平均賃金の比較
                ・危機管理マニュアルについて
      (2)各国の社会保障制度
                ・現地社会保険制度への加入義務
                ・現地社会保険制度の概要
                ・日本の社会保険の継続加入の可否
                ・厚生年金に継続加入できない場合の対応
                ・現地の医療費に関する対応
                ・労災に関する対応
      (3)各国の個人所得税と給与計算
                ・海外赴任者の給与の決定手順
                ・海外の各種手当
                ・駐在員のベネフィット
                ・海外給与の計算方法(グロスアップ計算のイメージ)
                ・海外赴任者のチェックリスト

※ セミナー当日、『シンガポール・香港 地域統括会社の設立と活用』(TCG出版)を配布いたします。

受 講 料

会員:36,720円(本体 34,000円)/一般:39,960円(本体 37,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )