[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 140183
新設<グローバルビジネス法務対応・実践コース>第4回(全6回)
化学業界における営業秘密保護・技術漏洩問題対応
~高砂香料工業の法務・特許専任部長ご講演から、グループディスカッション及び全体討議で学ぶ~

   ※本コースの全6回の内容はこちら

開催日時・会場

2014年12月09日(火曜日) 13:30~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

おもに法務部、知的財産部門担当、並びに海外事業部門等マネージャークラスの皆様

講 師

高砂香料工業株式会社 法務・特許専任部長  加藤 ひとみ氏

プログラム

開催にあたって

   日本企業のグローバル化の流れが急速に進んでおります。当講座では、グローバルな法務・知財管理の向上に取組まれるマネージャークラス、およびスタッフの方々が業種を超えて集まり、諸外国の法・知財管理制度を研究するとともに、本社主導によるグローバルリーガルリスクコントロールへの対応など、グローバルビジネスの課題を中心に研究を行います。

 プログラム

13:30-15:00
■テーマ 化学業界における営業秘密保護・技術漏洩問題対応
                    ~高砂香料工業の法務・特許部長ご講演から、グループディスカッション及び全体討議で学ぶ~

      1.営業秘密保護・技術漏洩への諸政策(国、企業、官民連携の取り組み)
      2.部品・原材料として使用される製品の秘密情報の特徴
      3.共同研究・共同開発で注意すべきこと(特に海外企業と行う場合)
      4.不正競争防止法(営業秘密保護制度)は、どこまで使えるか
      5.社内規程の策定と雇用のグローバル化(退職者の頭のなかの営業秘密の取扱い)

■高砂香料工業から学ぶ:研究のポイント
      『原料としての化学製品は、混ぜたり反応させたりすると原型をとどめないので、営業秘密の侵害が行われた
   ことが分かっていてもその証明が困難な場合が多い。雇用流動化の現在、如何にすれば自社の営業秘密を守れる
   のか?また、意識せずに他者の営業秘密を侵害する結果となり、不測の損害賠償請求を防ぐために、企業は何を
   すべきか?法制度と企業の自主ルールについて様々な事例を挙げながら一緒に考えていきたい。       

15:15~16:30  グループ討議
16:30~17:00  全体討議

《コーディネーター》
         J&Cドリーム・アソシエイツ代表(前 伊藤ハム㈱法務部長)  大澤 頼人氏

《討議司会者》
         1.YKK株式会社    法務・コンプライアンスグループ長 佐々木 毅尚氏
         2.株式会社岡村製作所 管理本部総務部長         佐藤  喜一氏

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

福山(TEL 03-5215-3513 )