[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 141681
海外子会社のリスクマネジメント
~不正・不祥事、贈収賄・汚職への対処~

開催日時・会場

2014年12月03日(水曜日) 10:30~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

   ※会場が変更となりました。

受講対象

内部監査部門、海外事業管理部門、経理部門、法務部門、人事部門等のスタッフ、マネジャーの方々

講 師

公認会計士  秋元 宏樹氏

プログラム

開催にあたって

   海外子会社は日本企業において重要な地位を占めつつありますが、リソース等の制約により海外子会社までは目が届かない企業が多いというのが現状です。海外M&Aの増加、新興国への進出や事業展開の活発化により、海外子会社での不正・不祥事、贈収賄・汚職への対応が必要となる事例が増えています。
   本講義では、不正・不祥事抑止・発見策の導入や、内部統制の強化、グループガバナンスやマネジメントの強化、内部監査による牽制・抑止機能の強化、地域統括会社の活用など、海外子会社のあらゆる段階において生じる不正・不祥事、贈収賄・汚職の実例と対応策について、GRC(Governance Risk Compliance)リスクマネジメントの観点から解説いたします。

プログラム

第1章: 海外子会社における不正・贈収賄の背景
             ・不正・贈収賄の傾向
             ・不正・贈収賄のトライアングル

第2章: 海外子会社における不正・贈収賄の手口と対策
             ・ビジネスプロセスにおける不正・贈収賄(販売、購買、在庫、財務・出納、製造など)
             ・マネジメントやガバナンスにおける不正・贈収賄(税務、経理、労務、法務など)
             ・コンプライアンスにおける不正・贈収賄(法令違反、汚職、不正競争など)

第3章: 最近の海外子会社での不正・贈収賄のケーススタディ
             ・不正・贈収賄の傾向
             ・不正・贈収賄の抑制、発見の対策と取り組み

≪質疑応答・コンサルテーション≫

受 講 料

会員:41,040円(本体 38,000円)/一般:43,200円(本体 40,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

居代(TEL 03-5215-3516 )