[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 141402
業務委託契約の基本とトラブル発生時の実務対応

開催日時・会場

2014年11月26日(水曜日) 13:30~16:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

総務・法務、監査の各部門ご担当の方

講 師

アサミ経営法律事務所 代表弁護士  浅見 隆行氏

プログラム

開催にあたって

               ~委託する「業務」ごとの特色、トラブル解決手段としての「法的措置」の妥当性~

   近年、企業がコスト削減や業務効率化を目的に業務委託契約を締結し、自社業務の一部を外部へ委託するケースが増えています。一方で業務委託契約をめぐるトラブルも増加しており、企業はトラブルを未然に防止することはもちろん、トラブル発生時の適切な対処法を事前に確認しておくことが重要です。
   本講座では、業務委託契約が持つ基本構造(基本契約と個別契約)、契約作成時に必要な視点、トラブル発生時の適切な対処法などをわかりやすく解説いたします。特に業務委託契約をめぐるトラブルについては、事例を用いながらトラブルへ対処する際に発想すべき点や法的措置によらない解決方法、さらには法的措置による解決などを含めてトラブルへの合理的な対処法を実践的に検討いたします。

プログラム

第1.業務委託契約と請負、派遣との違い
          (1)業務委託契約について明確に定めた法律がない
          (2)業務委託と請負の違い
          (3)業務委託と派遣の違い(偽装請負にならないための留意点)

第2.委託する「業務」ごとの特色
          (1)製造委託の場合に、契約上留意すべきポイント
          (2)サービス委託の場合に、契約上留意すべきポイント

第3.外部委託に共通するリスク対策
          (1)秘密保持 ~情報漏えい事件対策~
                    ・委託先を管理するための必須契約項目
                    ・個人情報の安全管理措置(外部委託先の監督)
          (2)下請法対策
                    ・下請法が適用される場面
                    ・発注書面の作成・交付義務違反にならないために

第4.業務委託契約で頻発するトラブルとその対策
          (1)委託する業務内容・品質の特定
                    ・委託する業務内容の特定と、追加委託料の支払いの要否
                    ・品質が問題になる契約での、サービスレベル契約(SLA)・管理指標
          (2)ソフトウエア開発委託契約
                    ・一般の委託契約との違い
                    ・見切り発車対策としてのレター・オブ・インテント(LOI)の利用
                    ・システム開発の場合の損害賠償の範囲・限度
          (3)委託業務の「完成・終了」の判断基準
                    ・裁判所が考える判断基準と、現場の考え方のズレ
                    ・ズレを解消するための工夫
          (4)その他業務委託において生じやすいトラブルに備えるべき条項
                    ・知的財産権の帰属
                    ・再委託
                    ・責任分担と事故発生時の対応

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:29,160円(本体 27,000円)/一般:32,400円(本体 30,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

木村(TEL 03-5215-3513 )