[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 141609
<国際ビジネスマン管理職必修/実践研究講座>
~4時間で習得!経営幹部、海外出向者の為の~                   グローバル実践/国際経営管理基礎講座

開催日時・会場

2014年11月17日(月曜日) 13:30~17:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

おもに海外事業担当、経営企画部並びに人事、監査部門のマネージャークラスの皆様

講 師

早稲田大学ビジネススクール非常勤講師   田中 孝明氏
(前 ㈱東芝執行役 常務/ グローバル経営管理・海外事業推進業務担当<アメリカ5年、中国5年駐在>

プログラム

開催にあたって

   今、日本企業は大企業のみならず中小企業も含め、将来の国内市場縮小を前提に事業のグローバル化に真剣に取り組んでいます。グローバル展開の加速にはM&Aも有効であり、アジアでの企業買収も活発化しております。増加する海外子会社、その経営を任される経営責任者には地域戦略を確実に実行し、持続的に利益を生み出すことで、日本本社に利益還元することが求められます。
   本セミナーでは、グローバル化を実行するなかで、国際経営管理の枠組み、海外子会社経営管理の問題点、M&A、特に、買収後の経営管理上の留意点などにつき、基本に立ち戻り、各管理手法についても分りやすく解説し、実務の要点についても押さえることを目的といたします。

プログラム

【講演1部】
  13:30~15:30 「海外子会社における経営管理実践的考察」

1.はじめに:新たなグローバル化の経営課題
            <1>企業活動のグローバル化  <2>日本企業の海外進出の歴史 <3>外資企業の不利
2.海外子会社の経営管理
      (1)海外子会社の管理体系
                  <1>海外子会社をモニターする       <3>地域別管理と製品別管理
                  <2>母国本社と海外子会社の関係の変化   <4>マトリックス管理は可能か
      (2)グローバル企業の類型
3.海外子会社の4つの役割
      (1)Strategic Leader(戦略的先駆者)  (3)Implementer(実行者)
      (2)Contributor(貢献者)        (4)Black Hole(試験的挑戦者)
4.海外子会社管理の枠組み
      (1)基本的なメカニズム・行動基準・経営計画・3P(Philosophy、Principle、Procedure)共有化
5.海外子会社の組織設計・管理
            <1>組織管理の重要性<2>組織管理の原則<3>組織設計の実践<4>組織文化を管理する
6.海外子会社の人的管理
      (1)流動的な労働市場における人的資源管理
      (2)海外子会社における人的資源管理の注意点
      (3)グローバル人材の4象限

【講演2部】
  15:40~17:30『企業統治(コーポレート・ガバナンス)/M&A/経営の現地化とリスク管理』

1.企業統治(コーポレート・ガバナンス)
      (1)CSR経営のメリット
      (2)海外子会社の企業統治の枠組みとリスク管理
                  <1>各国の贈収賄の防止策    <3>セキュリティリスク
                  <2>カントリーリスク      <4>事業運営リスク
      (3)リスク未然防止の枠組み
                  <1>リスクテーブルを母国本社と共有する <2>組織学習を推進する
2.海外進出とM&A
      (1)M&Aの3分類
                  <1>水平統合    <2>垂直統合  <3>多角化統合
      (2)M&Aのプロセス
                  <1>基本ステップと枠組み      <3>詳細調査(デュー・デリジェンス)
                  <2>契約で定めるべき事項      <4>最終の条件交渉
      (3)合弁会社の設立
                  <1>合弁会社のメリットとデメリット <3>交渉のポイント
                  <2>合弁会社設立の形式       <4>合弁契約書の注意点
      (4)M&A後の経営管理のポイント
                  <1>共有化と自由裁量        <2>合弁会社が迎える分岐点
3.経営の現地化
      (1)グローバル化の転換期   (3)地域統括会社の設立と活用
      (2)経営現地化のメリット
4.母国本社と海外子会社の課題
            ~アジア市場での優位性再キープと国際経営管理の形づくり~
      (1)母国本社の課題
                  <1>本社のリーダーシップ                    <2>グローバル経営支援体制の構築
                  <3>海外子会社への責任と権限委譲
      (2)海外子会社の課題
                  <1>役割の明確化          <3>経営能力の高度化
                  <2>経営管理体制の整備     <4>経営の現地化

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

福山(TEL 03-5215-3513 )