[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 141474
≪東京会場≫「契約」・「契約書」の基礎知識

開催日時・会場

2014年11月18日(火曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京:麹町)

受講対象

法務部門、総務部門、知的財産部門、購買部門、営業管理部門など関連部門のご担当者

講 師

丸の内総合法律事務所 弁護士  太田 大三氏

プログラム

1.契約・契約書(総論)

   1 「契約」とは、「契約書」とは何か。
         (1)契約とは
         (2)契約書とは
   2 なぜ、「契約書」を作らなければならないのか。
         (1)証拠としての意味
         (2)合意の形成・確認手段としての意味
         (3)事実上の信用性
   3 「契約書」を作成したにもかかわらず、後に争いが生じるのはなぜか。
                ・・・「契約書」の作成・締結において一番重要な事柄は?
         (1)十分性
         (2)明確性
   4 「契約書」の「読み方」
         (1)契約書の文言の解釈の基本
         (2)契約書外の事情について
         (3)契約書の文言とは完全に矛盾するような、契約書外の事情は?
   5 契約の内容はどのようなものでも全て効力を有するか。
         (1)契約自由の原則
         (2)契約自由の原則の例外
   6 契約書の形式について
         (1)形式的記載事項
         (2)契約書の通数
         (3)印紙税法の基礎知識
   7 署名と印鑑
         (1)署名と記名
         (2)印章の種類、効力
         (3)契約書における押印の種類

2.契約書における各条項の読み方・作り方

   1 契約書における一般的な構成のイメージ
   2 当事者の履行する内容を定める条項の例
           
ア;対価の支払条項
           イ;物を「渡す」条項
   3 契約の効力の存続に関する条項の例
           ア;契約の有効期間
           イ;中途解約条項
           ウ;解除条項   等

   4 契約(の履行)に問題が発生した場合の条項の例
           ア;期限の利益の喪失条項
           イ;損害賠償を定める条項   等
   5 一般条項の例
           ア;合意管轄を定める条項
           イ;準拠法を定める条項    等

3.契約書のチェック(演習形式)

4.様々な契約書において留意すべきチェックポイント

   1 契約書のサンプル・書式の利用方法
   2 売買契約の契約書と主たるチェックポイント
   3 ソフトウェア開発委託契約の契約書と主たるチェックポイント
   4 秘密保持契約の契約書と主たるチェックポイント

※当日は、本テーマに関する最新情報を盛り込むため、講義内容・構成に若干の追加・修正が発生する場合が
   ございます。

受 講 料

会員:37,800円(本体 35,000円)/一般:41,040円(本体 38,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514)