[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 140179
企業広報担当者基礎コース第2回(全5回)
広報活動に関する法的留意点と実務対応

     ※本コースの全体プログラムはこちら

開催日時・会場

2014年09月17日(水曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

広報、総務、法務、コンプライアンス等のご担当者様
(特に若手担当者、新任担当者、企業広報について体系的な学習をご希望の方々)

講 師

弁護士法人 畑中鐡丸法律事務所  代表社員
一般社団法人ニューメディアリスク 協会理事    畑中 鐡丸 氏

プログラム

1.広報活動における問題発見・解決フレームワーク
      【フェーズ0】課題概要 ~広報活動と法律との関わり~
      【フェーズ1】規制環境の把握
                            ・各種規制及び規制ロジック
                            ・著作権について
                            ・肖像権について
                            ・名誉権、プライバシー権について
                            ・信用毀損、業務妨害、営業誹謗行為、不当表示について
      【フェーズ2】戦略法務 ~法的知見を活用した広報戦略~
      【フェーズ3】予防法務
                            ・規制への対応(規制コンプライアンス)
                            ・他者の権利侵害に関する予防(知的財産権、肖像権、プライバシー権)
                            ・権利処理、契約に関する予防
      【フェーズ4】有事対策
                            ・敵意あるメディアへの対策
                            ・風評被害対策
                            ・ネット上でのトラブル
                            ・権利、プライバシー侵害クレーム

2.広報活動において生じる実務課題Q&A
      Q1:「会社が作った著作物の著作権は社員個人のものか、法人のものか」
      Q2:「街中の風景や建物、またキャッチフレーズやロゴ等に著作権は発生するか」
      Q3:「すでに存在している著作物にインスピレーションを得て作る際、どういう場合に著作権侵害になるか」
      Q4:「著作権者に連絡が取れない/著作権者がわからない写真を使用する際、どのようなリスク、
                  また対応策があるか」
      Q5:「広報に写真を使用する場合、被写体の方の承諾が必要か?また、当初想定されていた使用用途以外で
                  用いる場合、再度承諾をもらう必要はあるか」
      Q6:「実施したイベントでの写真撮影について気を付けるべきことは?」
                  (例)イベントなどで撮影した写真で、お客様・ご来場者が写りこんだ写真は社内広報誌や対外向けの
                        企業パンフレットに使えるか。
                  (例)イベントで有名人(芸能人、政治家、著名な経済人など)が来場した際の写真を使用する際の
                        注意点はあるか。
      Q7:「自社サイト、SNS、社内報等での使用・公開で気を付けるべきことは?」
                  (例)社員の写真を流す場合、本人にどういった条件の事前許可をとるべきか」
      Q8:「社内報のインタビュー等で社員の発言が著名人の言葉を引用したときの注意点はあるか」
      Q9:「“他社企業の信用を害する法的リスクを発生させる表現”とはどのようなものか」
      Q10:「他社製品と自社製品の比較をする場合、法的にどういう注意をすべきか」
      Q11:「どのような場合に謝罪広告を掲載しなければならないか?また自社サイト上の謝罪文はいつまで
                  掲載すべきか」
      Q12:「当社製品への不買運動が発生した場合、広報担当としてどうすればいいか」
      Q13:「M&Aを行った場合、買収した会社が持っていた個人情報データベースをそのまま利用しても
                  大丈夫か」
      Q14:「ネット上に悪評価を掲載された場合、何か対応策はあるか」
      Q15:「ネット上の特定の書き込みに対し、プロバイダに削除依頼を行う、または直接担当者が投稿者に
                  コンタクトをとることは可能か」
      Q16:「社内報および社内イントラネットでの、新聞記事の引用は可能か。可能であれば、実際に行う際の
                  注意点を聞きたい。(新聞社への記事引用の許諾を取る必要はあるか 等)
                  (例)社長が露出した新聞記事の切り抜きをスキャンし、引用したい

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。
※第33期企業広報実践研究会のご参加企業に限り、ご参加料が表示金額より2割引きとなります。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

篠原(TEL 03-5215-3512 )