[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 141579
※主催: ビジネスコーチ株式会社  共催: 一般社団法人 企業研究会
福島第一原発 元所長 吉田昌郎氏に学ぶ『修羅場のリーダーシップ』
     ~人気作家・門田隆将氏が語る、極限状態の中で闘った一人のリーダーの生き様とは~

開催日時・会場

2014年09月24日(水曜日) 14:00~16:30
ビジネスコーチ株式会社 セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

リーダーシップにご関心のある方

講 師

門田 隆将氏

プログラム

開催にあたって

   未曾有の被害を受けた東日本大震災から3年半が経過し、外国からの日本への観光客も増え、平穏を取り戻しつつあるように感じる日本列島。しかし福島第一原発事故は、日本が有史以来“最大の危機”に瀕したものでした。それは「チェルノブイリ事故の10倍」あるいは「日本三分割」という事態に発展するかもしれないものだったのです。
   その過酷な状況を打開し、日本を救った人たちがいました。ご存知、福島第一原発の吉田昌郎所長をはじめとした福島第一原発の現場の職員の方々です。

   今回はビジネスコーチ株式会社のセミナーの中でも特異なゲストスピーカーをお招きいたします。書籍「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日」(PHP研究所)の著者、門田 隆将先生です。門田先生は日本のジャーナリストとして唯一、吉田所長に長時間の単独インタビューをおこない、さらに100名近くの現場の方々にも取材しすべて実名証言を元に同書を執筆されています。

   極限の状況下に置かれた一人のリーダー、今は亡き吉田昌郎・福島第一原発所長や関係者から門田先生が直接聞かれた数々のエピソードを元に、「生死をかけた闘いとは何か?」「人間の本質とは?」「人間とは、リーダーとはかくあるべし」に迫ります。刻一刻と状況が悪化する生死をかけた戦いの中で、意思決定を下し、行動し、日本を救った真のリーダーから、ビジネスリーダーとして、そして一人の人間として、大事な何かに気づき、成長したいと願うすべての方にご参加いただきたいセミナーです。

プログラム

    1.真のリーダーシップが求められる時代

    2.福島第一原発事故が問うたもの

    3.「平素」によって「修羅場」は変わる

    4.吉田昌郎と現場の人間はなぜ「日本」を救えたのか

※カリキュラムの内容は、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※本セミナーの主催はビジネスコーチ株式会社となります。
※本サイトからお申し込み頂いた方には、一般社団法人 企業研究会よりご受講票、ご請求書などを
   お送りいたします。

受 講 料

会員:29,160円(本体 27,000円)/一般:29,160円(本体 27,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )