[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 141430
ケーススタディ(改革事例)から読み解く
本社と事業部門の「協創」による新たなグループ経営のあり方

開催日時・会場

2014年10月27日(月曜日) 13:30~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

経営企画・関連事業部門等をご担当の方

講 師

株式会社日本総合研究所 総合研究部門社会・産業デザイン事業部長/代表ディレクター  山田 英司氏

プログラム

開催にあたって

      近年、幾多の経済危機を乗り越え多くの企業が業績を回復しつつある中、次なる成長に向けた新興国シフト、
   バリューチェーンの川上・川下の取込など、ビジネスモデルの変革に取り組む企業が増えており、そのための
   M&Aも日々盛んに行われています。
      このような事業エリアの多極化により、グループ会社が増加する局面において、いま多くの企業でグループ
   経営のあり方を見直す動きが出てきています。
      今回は、従来の本社主導型から “事業部門との協創型によるグループ経営の構築” を選択した企業の事例と
   変革のプロセス紹介し、企業価値拡大と事業パフォーマンス向上の両立を目指した 「新たなグループ経営の
   あり方」 を検討していきます。

プログラム

1.経営環境の変化と、グループ経営の変化
      ~グローバル化・事業部門の多様化で、従来の「本社主導」型のグループ経営が限界に

2.「二層化」するグループ経営(2つのグループ経営)
      (1)本社が担うべきグループ経営:「企業価値拡大の追求」
                  ・PPM/財務マネジメント、プラットフォームの提供、事業部門への統制・経営支援、等
      (2)事業部門が担うべきグループ経営:「事業パフォーマンスの向上」
                  ・商品群の最適構成追及、エリア戦略の最適化、機能別戦略の最適化、等

3.本社と事業部門の「協創」による新たなグループ経営の構築ステップ
      (1)「協創」を実現するための本社と事業部門における役割分担の明確化
      (2)マネジメントシステム再構築の視点

4.ケーススタディから読み解く、“本社・事業部門協創型グループ経営”の考え方と変革のプロセス
      (1)「2つのグループ経営」の推進:持株会社経営体制によるグループ経営体制変革
      (2)事業部門が主導するグループ経営:機能別・地域別分社の再編成
      (3)グローバルでのグループ経営:地域統括会社のあり方
      (4)グループ経営インフラの変革:本社と事業部門、それぞれのマネジメントシステム再構築

5.新たなグループ経営の構築に向けた課題
      (1)本社・事業部門協創型グループ経営における業績管理のあり方
      (2)変化に対応する意識変革と、人材育成

※講師とご同業の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

上島(TEL 03-5215-3516 )