[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 141046
≪東京会場≫新任担当者のための『内部統制評価』の基礎実務

開催日時・会場

2014年10月06日(月曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京:麹町)

受講対象

内部監査部門の新任担当者

講 師

樋口公認会計士事務所 公認会計士・公認内部監査人   樋口 洋介氏

プログラム

開催にあたって

   安定的な運用フェーズに入った金融商品取引法に基づく内部統制報告制度。いま、最も必要とされているにも関わらず不足しているのは、内部統制の評価を効率的・効果的に実施できる人材です。
   当セミナーでは、過去において監査業務・評価業務の経験がなく、今後、内部統制の評価に携わることになった方々のスキルアップを目的に、内部統制評価の大まかな流れから具体的な方法までを分かりやすく解説いたします。(新たに内部監査部門に配属された方を対象に解説致します。)

プログラム

1.内部統制の基礎
      (1)内部統制とは
                  内部統制とは/内部統制の構成要素
      (2)金融商品取引法における内部統制
                  金商法における内部統制とは/内部統制の4つの目的

2.内部統制報告制度の概要
      (1)内部統制報告制度とは
                  目的やゴール、期限など
      (2)内部統制報告制度の枠組み
                  有価証券報告書と内部統制報告書~全体で考える
      (3)内部統制報告制度対応の流れ
                  何を評価すればいいのか?/全社的な内部統制と業務プロセスに係る内部統制
                  どのように評価すればいいのか?/制度対応の大きな流れ
      (4)評価範囲の決定
                  評価範囲の決定プロセス~グラフによるイメージで概要を掴む
      (5)整備状況評価と運用状況評価
                  整備状況評価の目的と方法・留意点/運用状況評価の目的と方法・留意点
      (6)内部統制の有効性評価
                  有効性判断の概要/内部統制の不備と開示すべき重要な不備/金額的重要性と質的重要性
                  評価結果の4つの類型と内部統制報告書

3.内部統制評価の基礎
      (1)内部統制の評価の手法
                  4つの評価手法と留意点/組み合わせが必要な理由

4.内部統制の整備状況評価の基礎
      (1)デザインの評価
                  目的や方法、想定される事項は?/デザインの評価に必要な知識は?
                  内部統制の文書化/リスクについて/「要件」の理解/コントロールの類型
                  6つのチェックポイント
      (2)適用状況の検証
                  ウォークスルーの実践~準備から当日の流れ、まとめまで

5.内部統制の運用状況評価の基礎
      (1)運用状況の評価の概要
                  実施にあたり決定しておくべき事項は何か?
      (2)運用状況の評価の詳細
                  キーコントロールの識別/テスト対象期間/ロールフォワード手続の方法
                  サンプリングの方法と件数/代表サンプリング

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514)