[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 141017
国際税務戦略を踏まえた『サプライチェーン』の再構築

開催日時・会場

2014年09月19日(金曜日) 13:30~16:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

経理財務部門、税務部門、経営企画部門、海外事業部門、購買調達部門など関連部門のご担当者

講 師

ノベル国際コンサルティング パートナー 税理士  高木 慎一氏
株式会社 HAS パートナーズ  代表取締役社長    堀 いつ子氏

プログラム

開催にあたって

   昨今、大企業のみならず中堅企業のグローバル化が急速に進んでまいりました。それに伴い、世界各国の経済・税務環境を見据えた戦略的、かつ効率的な事業計画が求められるようになりました。
   また、欧米企業の大胆な税務戦略が明らかになり、政府や国際機関などにおいて様々な議論が始まっております。
   この動きの中で国際税務への関心が非常に高まってきております。日本企業にとっても、これから国際税務対策は必須となったと言えるでしょう。
   本セミナーでは、関税等の間接税も考慮した国際税務の観点から、欧米企業の事例、および日本企業にとって実現可能なサプライチェーンの再構築についてお話いたします。

プログラム

1.法人税を中心とした国際税務戦略の概要
     (1)国際税務戦略の概要
     (2)他社事例

2.サプライチェーンにおける法人税の意義
     (1)タックスヘイブン対策税制
     (2)移転価格税制

3.サプライチェーンにおける関税等の間接税の意義
     (1)関税の概要
     (2)国際税務戦略における関税等の間接税の意義

4.移転価格と関税評価
     (1)価格調整金スキームの概要
     (2)価格調整金と関税評価

5.スターバックスにおける事例(公知の情報に基づき解説します)
     (1)スイス税制の概要
     (2)日本・スイス租税条約
     (3)移転価格の管理
     (4)関税等の間接税管理の重要性の検証

6.シンガポール地域統括会社を活用した事例
     (1)シンガポール税制の概要
     (2)日本・シンガポール租税条約
     (3)移転価格の管理
     (4)地域統括会社設立にあたっての論点

7.質疑応答

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )