[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 141398
中国・アジア地域への海外技術移転に伴うライセンス契約のポイント

開催日時・会場

2014年09月30日(火曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

知的財産、総務・法務、研究・技術開発、海外事業の各部門ご担当の方

講 師

黒田法律事務所 代表弁護士  黒田 健二氏

プログラム

各国特有の法規制をふまえた契約条項の検討、頻発するトラブルへの対応策等・・・

   多くの企業ではビジネスのグローバル化に伴い、海外の拠点整備を進めると同時に現地企業へ技術やノウハウを 提供する機会が増加しています。同時に、ロイヤルティや秘密情報の取り扱いをめぐるトラブルが多発しており、 今後のビジネスを円滑に進める上でも、技術移転に関するあらゆるリスクを想定したライセンス契約条項の検討が 必要不可欠です。
   本セミナーでは、主に中国・アジア地域への海外技術移転に関する契約を進める上での留意点や、契約書の作成 段階で検討すべき条項について、各国にある特有の法規制を交えながら考察します。さらには頻発するトラブルに ついても、具体的ケースを基にしながらその原因と対応策を実践的に解説いたします。

第1.技術移転に際して契約を進める上での留意点
        (1)契約対象の権利の分類・取得方法・移転方法
        (2)技術提供する側/提供を受ける側での留意点
        (3)契約までの流れ

第2.契約書の作成段階で検討すべき条項例と留意点
        (1)定義
        (2)実施許諾
        (3)競合品
        (4)技術情報の範囲と開示
        (5)対価
        (6)改良技術
        (7)秘密保持
        (8)契約期間・解除
        (9)終了時の措置ほか

第3.各国にある特有の規制
        (1)中国
                  ・特許法、技術輸出入管理条例、対外貿易法、契約法、独占禁止法等
        (2)韓国
                  ・外貨導入法改正、不公正取引行為等の禁止等
        (3)インド
                  ・特許法、インド特有の規制、政府等の許認可等
        (4)タイ
                  ・特許法に基づく規制等(書面化義務、登録義務、禁止条項)
        (5)インドネシア
                  ・特許法による規制(ライセンス契約の届出義務、禁止規定等)
        (6)ベトナム
                  ・ライセンス(書面化義務、契約書の規定事項)、技術移転等
        (7)マレーシアなど
                  ・特許法による規制(書面化義務等)

第4.よくあるトラブル事例と原因・対応策
        (1)ロイヤルティを巡るトラブル
                  ・ライセンシーによる減額要求、不払いの場合の対応
        (2)秘密情報の流出
                  ・秘密情報流出の実態と効果的な対策
                  ・ノウハウのライセンシーによるノウハウの特許出願
        (3)その他
                  ・許諾地域外への販売
                  ・ライセンス製品の横流し
                  ・ライセンサーの保証責任
                  ・改良技術を巡るトラブル

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

木村(TEL 03-5215-3513 )