[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 141251
中国子会社から確実に海外送金するための実務のポイント
~中国外貨管理法、中国税法の正しい理解~

開催日時・会場

2014年09月03日(水曜日) 13:30~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

経理・財務・企画・国際部門他

講 師

監査法人アヴァンティア 代表社員 公認会計士  小笠原 直氏(おがさわら なおし)

プログラム

開催主旨

   日本企業の中国進出は2000年頃から加速し、多くの日本企業が順調に業績を上げている一方、昨今の中国のカントリーリスクが高まりを受け、中国内の資金の日本への還流について不安を感じていると思われます。送金手続き中に送金中止になると、本国の資金繰りにも影響を与えることになります。中国の外貨管理制度は日本と比べても煩雑でかつ多くの規制があります。
   そこで本セミナーでは、実際に現地でコンサルティングを行った事例を参考として、中国子会社からの海外送金について、配当、ロイヤリティ、技術支援料等の各種手法の外貨管理法、税法、銀行送金手続などの実務上の注意点をわかりやすく解説いたします。

プログラム

はじめに

1.中国外貨管理法の概要
     (1)歴史的な経緯
     (2)中国管理機構の概要
     (3)外貨管理上の規制内容
              ・ 外貨登記制度
              ・ 外貨預金口座管理
              ・ 投資額の使途制限
              ・ 対外債務の調達限度制限
              ・ 外国送金額への制限
     (4)日本の実務との相異点

2.海外送金の際の留意点~総論
     (1)概論
     (2)中国法人税上留意すべき点

3. 海外送金の際の留意点~総論
     (1)ケース1 配当
     (2)ケース2 ロイヤリティ
     (3)純粋持株会社のロイヤリティの注意点
     (4)ケース3 技術支援料
     (5)ケース4 本社立替金
     (6)ケース5 通常の営業上取引
     (7)銀行が確認する貿易関係取引と関係書類
     (8)中国の関税

4.総括 

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

村野(TEL 03-5215-3550 )