[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 141419
技術の横展開による事業開発の進め方
~技術シーズの捉え方を変えて新市場に適応させる発想転換~

開催日時・会場

2014年09月04日(木曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

新規事業、技術部門、経営企画部門ご担当の方

講 師

株式会社リーディング・イノベーション 代表取締役 シニアコンサルタント  芦沢 誉三氏

プログラム

開催にあたって

   自社の優れた技術を異なる分野へ横展開し、新たな収益に結びつけようとする試みが、多くの企業で行われて  います。しかし、異分野のため表面的な情報しか把握できないので参入に踏み切れない、異分野との接点作りが  難しい、潜在ニーズの掘り起こしができずに市場開拓につなげることができない、などの問題があり、実現する  ことは意外と難しいと感じている方は多いのではないでしょうか。
   本セミナーでは、自社の技術分析から始まり、技術の横展開の進め方の全体像の把握、市場や候補顧客の発掘  ツールと進め方、顧客にとって魅力のある価値の発掘、事業化戦略のパターンとビジネスモデルの構築を通じた  技術の横展開による事業開発の進め方について解説をいたします。

プログラム

1.一般的な技術の横展開の進め方
     ・注目市場を選定し、用途アイデアを発想する
     ・技術の表現を変えて、用途アイデアを発想する
     ・外部情報を収集し、適応市場を探索する

2.技術の横展開が難しい理由
     ・隣の市場のことは分からない
     ・異分野のニーズ情報と出会う場がない
     ・市場を発掘しても規模が小さい
     ・技術からアイデア発想することの限界
     ・ニーズ指向とシーズ指向の利点と欠点
     ・技術は要素分解すればするほど、アプリケーションから離れていく

3.意外に分析できない自社のこと
     ・技術の横展開という観点から見た技術分類と構造
     ・事業開発という観点から見た自社分析
     ・一般的な技術分類の考え方
     ・技術シーズの捉え方を変える

4.効果の高い技術の横展開の進め方(全体像)
     ・技術の横展開での陥りやすい失敗の典型例
     ・効果の高い良い技術の横展開を推進するための基本的考え方
     ・技術シーズから目的指向に切り替える
     ・効果の高い技術の横展開の進め方(全体像)

5.可能性の高い候補市場、候補顧客の発掘のツールと進め方
     ・技術の特性比較分析
     ・差別化できる機能を抽出するという狙いで技術を分析する
     ・技術の顧客の利用機能への変換
     ・市場構造マップを活用して幅を広げる
     ・潜在ニーズと技術との関係
     ・可能性の高い候補市場(サブドメイン)の発掘の考え方と手順

6.顧客にとって魅力のある価値の発掘
     ・低価格価値とコストダウン価値と付加価値
     ・差別化の本質は価値の種類と価値の大きさの差別化
     ・顧客候補に対する“価値の仮説”のつくり方
     ・顧客候補との対話のためのツールと尋ね方
     ・価値を事業に結びつける商品企画のポイント
     ・“顧客の事業のプロデュース”という発想と行動の必要性

7.事業化戦略のパターンとビジネスモデルの構築
     ・“最適な事業化戦略”の考え方
     ・事業化戦略の4つの代替案と特徴
     ・事業主体を決める(誰が売るのか)
     ・ビジネスモデルに必要な項目
     ・競合モデルの分析のポイント
     ・参入の突破口となるビジネスモデル
     ・事業構想づくりに活かす異業種の知恵(他の業界のやり方の応用がユニークをつくる)

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

 受 講 料

会員:54,000円(本体 50,000円)/一般:59,400円(本体 55,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

倉島(TEL 03-5215-3515 )