[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 141433
グループ会社の不祥事防止のためのグループ経営管理・リスク管理の実効的手法

開催日時・会場

2014年09月16日(火曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

法務部門、監査部門、総務部門、関係会社管理部門など、関連部門のご担当者

講 師

獨協大学法科大学院 教授  高橋 均氏 (元新日本製鐵(株)監査役事務局部長)

プログラム

開催にあたって

   連結決算が主流となる中、グループ全体としてのリスク管理が益々重要となっています。しかし、現実問題として管理すべきグループ会社の範囲・程度など、試行錯誤で行っている会社が多いように見受けられます。また、今般の『会社法改正』によって、更に親子会社管理の重要性が再認識されています。
   そこで今回のセミナーでは、グループ会社のリスク管理に焦点を絞って、会社法を中心とした法制度を踏まえて、グループ会社リスク管理に関係する種々の社内内部規程も紹介しながら、実効的な手法について具体的に解説いたします。
   併せて、持株会社方式の採用や海外子会社などの形態をとっている会社に対する対応も、実務経験が豊富な講師によって解説いたします。
   コンプライアンス部門、関連会社部、内部統制部門などグループ会社を統括したり、監査役や監査役スタッフなど監査する部門の方々にとって有益な内容です。

プログラム

1.企業集団と法規定
    (1)定義の確認
             1)企業集団に含まれるグループ会社の範囲
             2)組織再編と企業集団化
    (2)企業集団における内部統制
             1)会社法の規定
             2)金融商品取引法の規定
             3)会社法と金商法の交錯

2.グループ会社におけるリスク管理の具体的方策
    (1)統制環境の整備
             1)グループ全体としての企業理念
             2)グループ会社管理規程の実例と検討
             3)グループ会社の会社機関設計の適切性
             4)グループ社員教育の方法
    (2)リスクの評価
             1)グループリスク管理におけるリスクアプローチの具体策と留意点
             2)IT関係の不備事例
             3)グループリスク管理のチェックリスト(確認書)の実例と検討
    (3)統制活動
             1)組織体制の整備の方策
             2)手続き・プロセスの確認と方法
    (4)情報と伝達
             1)情報報告ルートの整備の具体策と留意点
             2)有事の際の対応の規程の実例と検討
             3)グループにおける内部通報制度の規程の実例と活用策
    (5)監視活動
             1)定期的な評価システムの整備の方策
             2)各グループ会社からの報告・聴取の留意点と実践
             3)モニタリングの具体策
    (6)グループ会社の内部統制システムの評価の開示
             1)事業報告や内部統制報告書の記載の実例と検討
             2)監査役監査報告の実例と検討

3.企業集団の形態別対応の具体策
    (1)純粋持株会社形態のリスク管理の実践
             1)対応の基本方針
             2)純粋持株会社における子会社管理の類型
             3)純粋持株会社におけるリスク管理の具体的取組み
             4)経営管理契約の作成
    (2)完全子会社におけるリスク管理の実践
             1)完全子会社の類型
             2)完全子会社におけるリスク管理の留意点
    (3)海外子会社に対する内部統制の実践
             1)海外子会社特有の課題
             2)特有の課題から派生した独自のリスク
             3)海外監査の具体的な方策
             4)海外子会社向けチェックリストの実例と検討

4.親子法制に関する会社法改正内容と実務対応
    (1)多重代表訴訟制度の創設
             1)制度の内容
             2)実務対応
    (2)親子会社間の利益相反取引関連の情報開示
             1)制度の内容
             2)実務対応
    (3)親会社による子会社の株式等の譲渡
             1)制度の内容
             2)実務対応
    (4)企業集団における内部統制システム
             1)改正の内容
             2)実務対応
    (5)キャッシュ・アウト制度
             1)制度の内容
             2)実務対応

5.まとめ

※最新の情報を紹介・解説するために、上記プログラムは一部変更になる可能性もあります。
※当日、会場にて、講師著『グループ会社リスク管理の法務』(中央経済社)を進呈いたします。

受 講 料

会員:42,120円(本体 39,000円)/一般:46,440円(本体 43,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )