[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 141165
P&G流グローバル人材育成法

開催日時・会場

2014年08月06日(水曜日) 13:30~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

人事・教育・国際部門他

講 師

AIDA LLC 代表  会田 秀和氏

プログラム

開催主旨

 プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は、「グローバル人材の養成学校」と言われています。その秘密とは
何か。同社ではグローバル人材の条件、そのために必要な能力やスキルを定義し、その育成に体系的に取り組んで
います。
 P&G経営陣の右腕として人事担当ヴァイスプレジデントを務めた講師の会田秀和氏によれば、英語の習得は必須
とはいえ、最終的な決め手となるのは5つの「グローバル・ケイパビリティ」であると言います。また、日本企業のいまのやり方では、グローバル人材を大量生産できないとも警告します。
 これまで何千人というグローバル人材の育成に携わってきた講師が、「世界のどこでも通用する人材」の要件と
育成法について解説いたします。

プログラム

1.イントロダクション
 (1)グローバル化は不可逆
 (2)P&Gはグローバル・リーダーの養成学校
 (3)P&Gジャパンの改革:日本人社員の「グローバル化」に取り組む
 (4)新しいS字曲線を描く
 (5)5つのグローバル・ケイパビリティ

2.グローバル・コミュニケーション・スキル」
 (1)英語が話せるだけではグローバル人材足りえない
 (2)英語力をアセスメントし、人事考課とリンクさせる
 (3)グローバル化において特に日本人に欠けているスキル

3.テクニカル・コンピタンス
 (1)まず専門知識ありき
 (2)P&Gではテクニカル・コンピタンスをこうして強化する
 (3)説得力や影響力はテクニカル・コンピタンスがあればこそ
 (4)「組織とは何か」という問い
 (5)自分の軸を持って取り組めば、だれかが必ず評価してくれる

4.クロスカルチュラル・エフェクティブネス
 (1)文化オンチの人は必ず問題を起こす
 (2)「文化の違い」を忘れてはならない
 (3)全世界共通化すべきものは何か
 (4)女性を活用しない手はない

5.戦略的思考力
 (1)P&Gで求められる「戦略的思考力」とは
 (2)オペレーショナル・エクセレンス
 (3)戦略とケイパビリティとの整合性を図る
 (4)P&Gでは戦略的思考をこうして鍛える

6.プロアクティブ・リーダーシップ
 (1)リーダーシップの「5Eモデル」
 (2)VUCA:なぜリーダーシップが重要なのか
 (3)リーダーシップはすべての人に必要である
 (4)リーダーとマネジャーの違い

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
 お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

村野(TEL 03-5215-3550 )