[事業コード] 191945
SDGs・ESGと法務

【お申込受付中です。】セミナーページは変更となりました。

お申込はこちらからお願いいたします。

開催日時・会場

2020年01月31日(金曜日) 14:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京:麹町)

受講対象

法務部門・CSR部門・IR部門・経営企画部門など関連部門のご担当者

講 師

TMI総合法律事務所 パートナー弁護士 国連大学SDG企業戦略フォーラム事務局長 北島隆次 氏
TMI総合法律事務所 パートナー弁護士・ニューヨーク州弁護士 戸田謙太郎 氏
TMI総合法律事務所 弁護士 長島匡克 氏

プログラム

開催にあたって

 2015年に国連で全会一致で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)は、世界中で着目され、取り組む企業も増えてきています。
 また、環境・社会・ガバナンスに秀でた企業に投資するESG投資についても、GPIFが数兆円規模で資金を注入するなど、今や企業も無視できない動きになっています。
 こうした国内外の動きに対して、リスク、ガバナンス、海外子会社やサプライヤー管理の面からも法務の果たす役割は大きくなるはずです。
 そこで、本セミナーでは、国連機関の一員としてSDGsに関する国連本部での会議に参加した弁護士をはじめ、ESG活動で世界をリードするスウェーデンの法律事務所での勤務経験のある弁護士及びグローバルガバナンスに通じた弁護士により、SDGs・ESGの基礎から、トレンド、今後、企業のリーガルに求められるポイントについて解説します。

プログラム

1.はじめに~国連本部でのSDGs国際会議に参加して

2.今さら聞けないSDGs・ESGの基礎
 (1)SDGs・ESGとは?
 (2)SDGs・ESGは、CSR・社会貢献と何が異なるのか?
 (3)各界での取り組み
 (4)最新トレンド~国連は企業に何を求めているか?

3.SDGs・ESGのトレンドと日本企業に足りないもの
 (1)グローバルガバナンスにおけるSDGs・ESG対応
 (2)日本は進んでいるか?
 (3)北欧と日本の違い~スウェーデンでの法律事務所での経験から

4.まとめ~法務に求められるSDGs・ESGとは

受 講 料

 会員:35,200円(本体 32,000円)/一般:38,500円(本体 35,000円)

※セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。
※講師とご同業の方のご参加はお断りする場合がございます。

担 当

セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514)

セミナー申込