[事業コード] 191806
国際契約交渉における法的リスクと対応策

【お申込受付中です。】セミナーページは変更となりました。

お申込はこちらからお願いいたします。

開催日時・会場

2020年02月05日(水曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京:麹町)

受講対象

法務部門・国際部門等に所属され、海外企業との契約交渉について学びたい方

講 師

青山学院大学法務研究科教授
弁護士法人早稲田大学リーガルクリニック・弁護士  浜辺 陽一郎 氏

プログラム

1.英文契約交渉の基本方針 

2.契約交渉開始前のチェック項目
 ・契約当事者の信用度、取引しても良い相手か
 ・契約の目的と契約のスキーム

3.契約交渉を有利に進めるための基本スタンス
 ・交渉の順序と姿勢(自社が叩き台のドラフトを出す方が有利 )
 ・交渉の評価・交渉力を強くする方法(交渉姿勢と代替策の模索)
 ・日本企業独特の残念なパターンから抜け出るには
 ・契約成立に向けた交渉の重要ポイント
 ・合理的かつ正当な主張をする
 ・契約成立のためのコストに配慮

4.契約交渉のリスクと技法
 ・交渉担当者の立場として交渉の法的拘束力をどうとらえるべきか
 ・説明義務と誠実交渉義務に伴うリスクと交渉方法
 ・契約成立に至るための妥協の方法
 ・Win Winとなるような方法とは
 ・「実質的に」平等な条項を目指す
 ・シミュレーションをして説得方法を考える
 ・自社に厳しすぎる義務を緩和するテクニック

5.準拠法と紛争解決条項をめぐる交渉
 ・準拠法のチェック~日本法と外国法の利害得失
 ・準拠法選択の限界
 ・CISG:「国際物品売買契約に関する国連条約」の取り扱いをめぐる交渉
 ・紛争解決条項(仲裁条項や裁判管轄条項など)の交渉ポイント

受 講 料

 会員:35,200円(本体 32,000円)/一般:38,500円(本体 35,000円)

※セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。
※講師とご同業の方のご参加はお断りする場合がございます。

担 当

セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514)