[事業コード] 191844
基礎から学ぶ『契約書作成』の知識

開催日時・会場

2019年12月10日(火曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京:麹町)

受講対象

・法務部門、知的財産部門など関連部門の新任ご担当者
・営業部門、購買部門、事業部門などにおいて、契約業務に携わる方
・ビジネス契約の基礎について学びたい方

講 師

横木増井法律事務所 弁護士  礒山 海 氏

プログラム

 開催にあたって

 契約書を作って取引を行うことは、とても大切です。
 企業がトラブルに巻き込まれるケースには、事前に契約書を作っておけば回避できたものが相当数あります。
 また、トラブルに巻き込まれても、契約書を整備していたおかげで、自社に有利な条件で解決できたケースもよくあります。
 そうとはいえ、とにかく契約書を作ってさえおけばいいというわけでもありません。
 契約書を作っていたにもかかわらず、契約書の出来が悪かったばかりに、かえってトラブルの素になってしまうケースもあります。
 契約書を作るのであれば、用語や条項の意味を正確に理解し、これらを使いこなさないと、契約書を作る意味がありません。
 また、デメリットを考慮しても、あえて契約書を作らない方がよいケースもあるかもしれません。
 本セミナーでは、契約書を作る意味に遡りながら、用語、頻出条項や契約書の実例の解説を行います。
 数は少ないですが、2020年4月に施行される民法改正前後での相違にも触れます。

 プログラム

1.契約―成立と効力―
 ~契約書作成の基本姿勢と基礎知識を解説いたします~
  (1)そもそも「契約」とは何か
  (2)契約の成立要件
  (3)契約書の機能
  (4)ひな形や「先例」利用時の注意点
  (5)非典型的な契約締結方法
  (6)契約の効力

2.契約書作成の実務
  (1)契約書の一般的な構成
  (2)間違えやすい契約書特有の用語
  (3)契約書に関する基礎知識(契印・割印、印紙税、加除訂正方法その他)
  (4)契約書作成の際の注意事項

3.頻出契約条項の意味と注意点
  (1)譲渡禁止条項
  (2)解除条項
  (3)違約金条項
  (4)損害賠償条項
  (5)管轄条項
  (6)仲裁条項
  (7)準拠法条項
  (8)誠実協議条項
  (9)完全合意条項
  (10)変更の方式を制限する条項

4.契約書の実例を用いたケーススタディ
 ~サンプルを用いて具体的なポイントについて解説いたします~
  (1)秘密保持契約書
  (2)取引基本契約書(商品の売買)

5.質疑応答 

受 講 料

 会員:41,800円(本体 38,000円)/一般:46,200円(本体 42,000円)

※セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )

セミナー申込