[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 191700
実務に活かせる!内部統制の本質と不正リスクへの対応策

開催日時・会場

2019年12月09日(月曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京:麹町)

受講対象

会社役員、監査役、内部監査部門・内部統制部門にご所属されている管理職の方々

講 師

【第1部】(株)ヴェリタス・アカウンティング 代表取締役社長 公認会計士 山岡信一郎氏
【第2部】(株)エスプラス   公認会計士・公認不正検査士  辻さちえ氏

プログラム

 開催にあたって

 企業不祥事を未然に予防するためには「内部統制の本質」と「不正リスク対応」への
実践的知識が必要となってきます。
 そこで、今回はこの2つの領域の専門家による解説セミナーを開催します。

 プログラム

【第1部】13:00‐15:00 実務に活かせる!内部統制の本質

(株)ヴェリタス・アカウンティング 代表取締役社長 公認会計士 山岡信一郎 氏

上場会社においてJ-SOXが導入されて早10年以上経過しますが、現状の内部統制は、業務の有効性・効率性やコンプライアンスに活かされているでしょうか。昨今の企業不祥事をみても、内部統制の本質的な理解が企業において十分に浸透しているとは言えません。そこで第1部では法制度対応のための内部統制を理解することよりも内部統制の本質を理解することに重点を置きます。内部統制が実務の中でどのように自分と関係し、直面する管理上の様々な問題に対し、内部統制上どのように対処することが適切なのか、などについて理解が進むよう、できる限り、身近な事例を用いて解説していきます。

1.内部統制とは何か
 ・内部統制の基本的な性格とは
 ・内部統制と不正 ほか

2.COSOフレームワーク
 ・内部統制の目的と構成要素をもう一度確認しておこう
 ・理論を理解し、実務に活かす

3.法制度における内部統制
 ・会社法における内部統制の概要
 ・金融商品取引法における内部統制の概要

4.事例で考える内部統制
 ・チェック体制を強化したいが、人もいないしコストもかけられないがどうすべきか
 ・社内ルールがない場合は、どのように対応すべきか
 ・承認印は何を確認して押印されているか
 ・不祥事はすべて内部統制に問題があって発生するのか

【第2部】15:00‐17:00 不正リスクへの対応

(株)エスプラス  公認会計士・公認不正検査士  辻さちえ 氏

不正・不祥事リスクへの対応を誤ると企業の築き上げた信頼が一気に崩れ、場合によっては企業の存続にかかわるような問題に発展することもあります。不正・不祥事リスクに対して冷静に対応していくには、不正・不祥事を予防・発見するための内部統制を整備すると共に、様々な取り組みを地道に実践していくで「不正を許さない企業文化」を作り上げていくことが必要となります。そこで第2部では不正リスク・不祥事対応に必要な知識や視点、実際に不正・不祥事が生じてしまった時の対応をわかりやすく解説をしていきます。

1.最近の不正事例の特徴
 ・データ偽装の背景
 ・ルールは守れているという思い込みがないか

2.不正リスク対応の勘所
 ・「不正リスクはある」と認識すること
 ・不正リスク管理ガイドラインの紹介

3.代表的な手口と予防・早期発見のための内部統制
 ・実態調査から発生頻度の高い不正手口と兆候、内部統制
 ・過去の事例からみられる内部統制の「穴」

4.コンプライアンス・倫理意識の醸成
 ・倫理的な判断をするためには

5.不正・不祥事が起きてしまったら
 ・調査体制
 ・不正調査での留意事項

受 講 料

 会員:35,200円(本体 32,000円)/一般:38,500円(本体 35,000円)

※セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )