[事業コード] 191549
親会社の子会社管理に関わる諸問題

開催日時・会場

2019年11月22日(金曜日) 13:30~16:30
企業研究会セミナールーム(東京:麹町)

受講対象

監査・経営企画・関係会社管理・法務部門等に所属され、子会社管理の実務を学びたい方

講 師

森・濱田松本法律事務所  弁護士   太子堂 厚子 氏

プログラム

 開催にあたって

 企業のグループ経営の在り方は、持株会社化の進展やグローバル化によって益々多様化しています。
 そのような中、子会社における不祥事がグループ全体の信用を毀損する事例も発生しています。
 また、2015年5月1日に施行された会社法改正を巡る議論において、親会社の子会社管理における責任に関し、
 親会社役員が子会社管理に一定の注意義務を負うことに関する議論等が進展しました。
 親会社としては、これまで以上に子会社管理の重要性を認識しつつ、体制整備を行うことが考えられます。
 本セミナーでは、子会社のリスク管理と不祥事防止の観点で、2019年6月28日に経産省が公表した「グループ・
 ガバナンス・システムに関する実務指針」も参照しつつ、子会社管理の在り方について解説します。

 プログラム

【1】親会社による子会社管理と法的責任
         (1)平成26年改正会社法の子会社管理・グループ内部統制への影響
         (2)子会社管理が問題となった裁判例

【2】親会社による子会社管理のあり方と実務上のポイント
         (1)子会社管理の一般的手法と実務対応
                  ・規程等の整備
                  ・コンプライアンス教育の強化
                  ・子会社から親会社への報告等の体制
                  ・内部監査機能その他のガバナンス体制の強化
                  ・グループ内部通報制度のあり方
         (2)経産省「グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針」
         (3)不祥事防止の観点での留意点

【3】子会社の不祥事事例にみる教訓
         (1)近時の子会社の不祥事とその傾向
         (2)教訓と実務対応

 

受 講 料

 会員:35,200円(本体 32,000円)/一般:38,500円(本体 35,000円)

※セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。
※講師とご同業の方のご参加はお断りすることがございます。

担 当

セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )

セミナー申込