[事業コード] 191740
個人情報保護に関する社内整備とデータ利活用のポイント

開催日時・会場

2019年11月26日(火曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京:麹町)

受講対象

法務・監査・情報システム・総務・営業・企画部門の方、社内情報管理のご担当者ほか

講 師

宮内・水町IT法律事務所  弁護士  水町 雅子 氏

プログラム

 開催にあたって

   個人情報保護法の改正、GDPR施行、また個人情報に対する不適切事例の報道や国民意識の高まりなどを背景に、個人情報保護法への注目が集まっています。
   個人情報保護対応自体は行っているものの、個人情報保護法の全体像がわからない、ルールをきちんと理解しているか不安があるという企業も多いかと思います。
   そこで、このセミナーでは、個人情報をめぐるトラブル事例を踏まえた上で、個人情報保護・プライバシー権保護を行う為に留意すべきポイント、新規事業をする際に個人情報保護法上、問題ないかの確認方法について解説していきます。
   個人情報をめぐる動きはめまぐるしく、民間企業が国や医療機関等のいわゆるビッグデータを取得しやすくする法整備も行われていますので、このような個人情報をめぐる最新状況についても合わせて解説していきます。

 プログラム

1.改正個人情報保護法の背景

2.各種問題事例から見る個人情報保護への対応
・他社で発生したトラブル事例から学ぶ

3.移個人情報/要配慮個人情報/プライバシー権とは何か
       ・個人情報、個人データ、保有個人データ、要配慮個人情報、プライバシー権、
           営業秘密の共通点と相違点を理解する

4.個人情報保護法のルール
       ・個人情報を取得・利用する際のルール
       ・同意を得ず、個人情報の目的外利用をすることは可能なのか
       ・個人情報を提供する際のルール
       ・同意を得ず、個人情報の提供をすることは可能なのか
       ・新規事業検討の際の、個人情報保護法のポイント

5.個人情報をめぐる最新動向
       ・ビッグデータ(匿名加工情報、非識別加工情報、匿名加工医療情報)等への対応

6.個人情報保護法の改正概要
          ・どのような法改正だったのか、改正ポイント・実務への影響を再確認する

 

受 講 料

 会員:35,200円(本体 32,000円)/一般:38,500円(本体 35,000円)

※セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。
※講師とご同業の方のご参加はお断りすることがございます。

担 当

セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )

セミナー申込