[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 191574
経営ビジョン・中計のつくりかた

開催日時・会場

2019年09月27日(金曜日) 14:00~17:00
アイビーホール(東京・表参道)

受講対象

企画・経理・知財部門他

講 師

株式会社日本総合研究所  リサーチ・コンサルティング部門
                   ディレクター   粟田 恵吾氏
                   シニアマネジャー 坂本 謙太郎氏

プログラム

 開催にあたって

   先の読めない社会はVolatility(変動性)Uncertainty(不確実性)Complexity(複雑性)Ambiguity(曖昧性)の頭文字を冠して、VUCAワールドと呼ばれるようになりました。VUCAな環境で変化をいち早く捉え、脅威を機会に変えていく必要性を痛感し、一方で。中期経営計画(中計)を中核とする従来のマネジメント手法では、変化に対応するための大胆な変革はできません。
   本セミナーでは非連続な未来を読み解き、プロアクティブに自社の未来像を創造するための「未来洞察」の手法とその活用事例をご紹介いたします。経営ビジョン・中計の策定、あるいはマネジメント・サイクルそのもののあり方について、問題意識をお持ちの皆さまにご出席いただけましたら幸いです。

 プログラム

1.なぜ長期ビジョンが必要か?
      (1)VUCAワールド~激変する外部環境
      (2)日本企業における意思決定と変革の難しさ
      (3)中計だけでは変革は起こせない
      (4)長期ビジョンは何の役に立つのか?
      (5)ESG経営を実現するための長期ビジョン

2.ビジョン・中計策定の体制と手順
      (1)多様な可能性を経営に取り込む手法
      (2)求められるスキル
      (3)検討体制の作り方
      (4)コンサルタントが嫌がるコンサルタント活用法

3.未来洞察の手法
      (1)知らないことすら知らない世界に目を向ける
      (2)未来予測との違い
      (3)未来洞察の手順
      (4)「未来年表」で社内を刺激する

4.企業事例
      (1)経営ビジョン・中計に未来洞察を活用している企業
                  (自動車・食品・建設・システム・電鉄)の事例紹介

※当日講師著「VUCA時代を乗り切る2030経営ビジョンのつくりかた」(日経出版)を配布いたします。
※同業他社の方のお申し込みにつきましては、お受け致しかねる場合がございますので、ご了承下さい。

受 講 料

会員:36,720円(本体 34,000円)/一般:39,960円(本体 37,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

村野 TEL 03-5215-3511(代表 )