[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 191669
経営企画・IR・サステナビリティ部門 実務担当者のための
       サステナビリティ経営』 入門 講座
~社会の持続可能性に配慮した経営を実現するための基礎知識~

開催日時・会場

2019年09月25日(水曜日) 13:00~16:30
厚生会館(東京・平河町)

受講対象

1.サステナビリティ経営(SDGs/CSV/ESG)の重要性を認識している企業で:
  ・新規ご担当者でサステナビリティ経営の基礎知識を習得されたい方
  ・サステナビリティ展開の重点実務を後進に指導したい方
2.サステナビリティ経営(SDGs/CSV/ESG)を展開している企業で:
  ・サステナビリティ活動の「攻めの戦略」を明確にしたい方
  ・サステナビリティの視点からビジネスモデルの変革を考察されたい方
  ・CSR経営からサステナビリティ経営への移行を模索されている方 

講 師

株式会社野村総合研究所 コーポレートイノベーションコンサルティング部
                 プリンシパル  国際公共政策博士  伊吹 英子氏
                         上級コンサルタント 羽生 竜平氏

プログラム

第Ⅰ部 サステナビリティ経営による持続的成長に向けた基礎知識
      1. はじめに:サステナビリティ経営に関する概念
          ・サステナビリティ経営に関する概念整理
          ・日本企業の経営との親和性・課題
      2. なぜサステナビリティ経営なのか
          ・企業経営を取り巻く潮流
          ・サステナビリティ経営を後押しする変化
          ・SDGsの概要
      3. サステナビリティ経営に取り組む意義
          ・競争戦略としての寄与
          ・リスクヘッジとしての寄与
          ・ロイヤルティ・エンゲージメントへの貢献
      4. サステナビリティ経営の進化に向けたステップ
          ・サステナビリティと経営・事業戦略の統合プロセス
          ・マテリアリティ(重要社会課題)の特定
          ・ビジョン・経営計画における社会価値の位置づけ方
      5. サステナビリティ経営の確立に向けて
             ~国内・海外企業における先進事例(各章に関連し随時ご紹介)~

                    ~質疑応答・討議~

第Ⅱ部 ESG投資がもたらす経営へのインパクト―戦略的情報開示と統合報告―
      1. ESG投資を巡る資本市場の動き
          ・ESG投資比率のグローバル比較
          ・投資家の動向
          ・ESG対応の意義
      2. ESGへ企業がどう取り組むべきか
          ・主要なESG指数の概要
          ・ESG情報開示の考え方・取り組みステージ
          ・統合報告の考え方・取り組みステージ
      3. ESG情報開示に向けた実践的な対応
          ・主要ESG指数への実践的な対応
          ・統合報告の検討プロセス
                ~国内・海外企業における先進事例(各章に関連し随時ご紹介)~

                    ~質疑応答・討議~

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

早瀬 TEL 03-5215-3511(代表 )