[事業コード] 191644
B2B企業・製造業が有名経済番組に3ヶ月以内に出るための広報戦略

開催日時・会場

2019年10月15日(火曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京:麹町)

受講対象

広報部門、宣伝広告部門、経営企画部門など関連部門のご担当者

講 師

PRコンサルタント 下矢一良 氏

プログラム

 開催にあたって

   「コンビニや飲食チェーンのように一般消費者に馴染みのある商品ではないから『ガイアの夜明け』や『ワールドビジネスサテライト』などの有名な経済番組に出るのは極めて難しい・・」。最初から、そう諦めていないでしょうか。
   専門的な製品を扱っているB2B企業や製造業は、決して不利ではありません。
   それどころか、”あるポイント”さえ押さえれば、B2C企業よりも格段に有利になります。
   本セミナーでは、テレビ東京経済部でIT・製造業担当のキャップとして、「ガイアの夜明け」や「ワールドビジネスサテライト」を制作してきた講師が、B2B・製造業が有名経済番組にすぐに出られるようになる、番組制作経験者しかわからない広報戦略構築法をお伝えします。

プログラム

1.B2B企業や製造業が、B2C企業よりも有利である理由
      (1)広報戦略を成功させる企業に共通の条件
      (2)B2B企業や製造業が有利だと断言できる理由
      (3)ソフトバンクで学んだ、広報戦略の仕掛け方

2.テレビ取材獲得の原理原則
      (1)番組制作者が考える「ニュースとは何か」
      (2)「画になるものしか取材しない」は本当か
      (3)「記者との人間関係」の使い方
      (4)メディアから見た、PR会社の真実
      (5)大企業の広報部だから陥いる敗因
      (6)あえて「まな板の鯉」に徹すべき理由
      (7)メディアが広報担当者に期待するもの

3.B2B企業・製造業のためのテレビ取材を獲得する設計図
      (1)テレビが飛びつく企業の法則
      (2)「カリスマ経営者」に学ぶ、広報戦略の構築法
      (3)テレビに採用される情報ルートのつくり方
      (4)情報伝達の2正面作戦
      (5)「製品の何を伝え、何を伝えないか」の取捨選択方法
      (6)製品サービスが生まれた背景に光を当てる
      (7)大企業であることの不利を有利に一変させる転換法
      (8)記者発表や展示会を取材につなげる技術

4.B2B企業・製造業のための、プレスリリースのつくり方
      (1)技術者がプレスリリースを書くと失敗しやすい理由
      (2)プレスリリースの「さじ加減」
      (3)プレスリリースに書くべき“量”の基準
      (4)実践:テレビが飛びつくプレスリリースをつくる

5.歴史的な追い風をつかまえる
      (1)「歴史的追い風」が吹いている理由
      (2)「広報の失敗」を避けるための大原則
      (3)3ヶ月以内にテレビ取材を獲得するために

受 講 料

  会員:35,200円(本体 32,000円)/一般:38,500円(本体 35,000円)

※セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )

セミナー申込