[事業コード] 191520
      これでわかった確率と統計の基礎の基礎
~働き方改革のために経理業務の生産性をいかに向上させるか~

開催日時・会場

2019年09月19日(木曜日) 13:30~16:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

確率や統計にご関心がある方々

講 師

東京国際大学大学院 客員教授  山本 御稔氏
年金数理人           勝島 一氏

プログラム

 開催にあたって

   「人生100年」と言われる時代。さまざまな問題についての“数字”の認識が必要と考えらています。私たちが今、かかえている公的年金や“自腹”の資金の必要額の問題、従業員の雇用期間の拡大問題、日本人労働者の減少と外国人労働者の拡大にかかわる問題等々さまざまな問題のいずれも、確率と統計に基づいた数字をもとに解決策を探らねばなりません。日々目にするこれらの数字の理解には、そもそも確率・統計の理解がスタートとなっています。
   誰しもが知っておくべき確率・統計の基礎の基礎について、本講座では格式張らずに心の過剰な緊張なく、そして時に笑いの要素を含めながら、理論編は山本氏が、実践編は勝島氏が詳しく解説いたします。

 プログラム

<理論編>
    1.基礎の基礎として確率と統計をどう学ぶべきか
          (ア) 誤解だらけの確率と統計
          (イ) まずは気楽に確率と統計をとらえてみる

    2.まず必要な確率を理解しよう
          (ア) 誕生日問題について考える
          (イ) プロ野球の選手になって考える
          (ウ) ラプラスって誰?という疑問から考える

    3.数学って得意ですか?
          (ア) どうして数学が得意な人と苦手な人に分かれるのか
          (イ) 確率は足し算なのか掛け算なのか
          (ウ) 条件付確率

    4.統計について学ぶ
          (ア) 記述統計と推計統計
          (イ) それぞれの利点と問題点

    5.ベイズ統計
          (ア) ベイズ統計って何なのか
          (イ) 事前なのか事後なのか
          (ウ) ベイズ統計は何に利用されているのか

<実践編>
    6.確率・統計の現実と具体像
          (ア) 将来の数字の動きを予想する
          (イ) 偶然が偶然ではなくなる技術
          (ウ) トランプ占いは占いなのか、嘘なのか

    7.身の回りにあふれる統計
          (ア) 開票直後の「当選確実」
          (イ) 自動車保険の保険料率
          (ウ) 天気予報の降水確率

    8.今日から実践できる統計的考え方
          (ア) 老後の生活に必要となる“自腹”の資金額の計算方法
          (イ) 健康診断結果の見方
          (ウ) 映画に学ぶビジネスへの活用法

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

金井 TEL 03-5215-3511(代表 )

セミナー申込