[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 191155
事例から学ぶハラスメント通報への対応、法改正と実務について

開催日時・会場

2019年08月05日(月曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京:麹町)

受講対象

法務部門、総務部門、監査部門、人事部門など関連部門のご担当者

講 師

㈱ディークエスト 取締役  梅澤博文 氏

プログラム

 開催にあたって

  2019年3月に職場でのパワーハラスメント(パワハラ)の防止策に取り組むことを企業に義務づける労働施策総合推進法の改正案が閣議決定し、早ければ2020年4月に義務化の見通しとなります。
これにより企業におけるハラスメントがこれまで以上に注目をされることになります。
 本セミナーでは、内部通報実務担当者に向けてハラスメントの定義、具体事例の紹介、法改正による実務対応の変化、そしてハラスメント発生時の対応と防止策について解説いたします。

 プログラム

1.ハラスメントの定義
(1)ハラスメントになるケース
(2)過去の常識によるマネジメント

2.法改正によって何が変わるか
(1)法制化の意義
(2)変わる事、変わらない事

3.いわゆるグレーゾーンに対応するには
(1)グレーゾーンとは何か
(2)グレーゾーンの通報に対応するには

4.法制化前から発生している事例について
具体例の紹介

5.会社の対応(発生時の対応と防止策)
(1)通報者の精神的なケア
(2)被通報者への対応

6.まとめ 

受 講 料

 会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )